Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第13第9話(189) 叔夜玉山

校訂本文

叔夜玉山

晋の山公1)がいはく、「嵆叔夜2)、姿は巌々とぞ、孤松の独り立てるかごとし。酔(ゑ)ひたることは隈然として、玉山のまさに崩れむとするがごとし」と言へり。常に琴を弾き、酒をすすめて、心をなぐさめけり。後、中散大夫たり。晋代なり。

  秋山は紅葉(もみぢ)の色に酔ひにけりさめたる夏の名をぞ倦むまで

翻刻

叔夜玉山  晋ノ山公カ云ク嵆叔夜スカタハ巌/々トソ孤松ノヒトリタテルカコトシ酔(ヱイ)タル
コトハ隈然トシテ玉山(サム)ノマサニクツレムトスルカコトシトイヘリツネニ琴ヲ
ヒキ酒ヲススメテ心ヲナクサメケリ後中散大夫(フ)タリ晋代ナリ
            アキ山ハモミチノイロニエヒニケリ
            サメタルナツノナヲソ倦むまて/d2-34l
1)
山濤
2)
嵆康
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka13-09.txt · 最終更新: 2018/03/06 22:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa