Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第13第3話(183) 阮宣杖頭

校訂本文

阮宣杖頭

晋の阮宣1)、字は宣子といへり。つねに百(もも)の銭(せに)を杖の先にかけて、徒歩(かち)より酒店のほとりに至りて、一人酔(ゑ)ひ暮らして、帰りけり。

時の人、おほきに貴びらるる身なれども、世にも仕へざりけり。心を立てて時めく人のもとへも行かざりしかども、酒の方(かた)になりぬれば、かくなむありけり。

  うづゑつき帰る家路に迷はぬはももの心ぞしるべなりける

翻刻

阮(クエム)宣杖(チヤウ)頭(トウ)  晋ノ阮宣字ハ宣子トイヘリツネニ百(モモノ)/銭(セニヲ)ツヱノサキニカケテカチヨリ酒店(シユテンノ/サカヤ)
ホトリニイタリテヒトリヱイクラシテカヘリケリ時ノ人ヲホキニタ
フトヒラルルミナレトモヨニモツカヘサリケリ心ヲタテテトキメク人ノモ
トヘモユカサリシカトモ酒ノカタニナリヌレハカクナムアリケリ
  ウツヘツキカヘルイヘチニマヨハヌハモモノココロソシルヘナリケル/d2-32l
1)
阮修が正しい。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka13-03.txt · 最終更新: 2018/03/04 12:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa