Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第12第9話(179) 伯牙絶絃

校訂本文

伯牙絶絃

伯牙、琴をよく弾きけり。これを知る者は鍾子期一人ぞありける。

伯牙1)、山の曲を弾く時、鍾子期かいはく、「峨々たること大山のごとし」。心ざし流水にあり、伯牙、水曲を弾く時は、鍾子期がいはく、「洋々たること江河のごとし」と言へり。

鍾子期死後、伯牙、絃を断ちて、琴を弾かずなりぬ。知音の永く絶えたることを、痛みけるゆゑなり。

  いかにせむ昔の友も琴の緒もかき絶えにける心細さを

翻刻

伯牙絶絃  〃〃琴ヲヨクヒキケリコレヲシルモ/ノハ鍾子期ヒトリソアリケル白牙
山ノ曲ヲヒク時鍾子期カ云ク峩々タルコト大山ノコトシ心
サシ流水ニアリ伯牙水曲ヲヒク時ハ鍾子期カ云ク洋々
タルコト江河ノコトシト云ヘリ鍾子期死後伯牙絃ヲ
タチテ琴ヲヒカスナリヌ知音ノナカクタヘタル事ヲイタミケルユエナリ
     イカニセムムカシノトモモコトノヲモ
     カキタヘニケル心ホソサヲ/d2-31r
1)
底本ここのみ「白牙」。他に表記を合わせた。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka12-09.txt · 最終更新: 2018/03/02 21:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa