Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第12第6話(176) 巫馬戴星 宓賤弾琴

校訂本文

巫馬戴星 宓賤弾琴1)

巫馬期、単父令2)になりて、日夜にやすく居ることなし。星をいただきて出で、星をいただきて入りつつ、身を痛ましめて、所を治めけり。

後に、宓子賤3)、単父の令になれる時、琴を弾きて、堂より下りざれども、所治まりけり。

巫馬期、そのゆゑ4)を問ひけり。宓子賤、答へていはく、「なんぢは力をもて治む。われは人に任せて治む。力を尽すは労す。人に任するはやすし」と言へり。

  滝つ瀬やみどりの水をむすひてぞ末をば人に任せけるかな

翻刻

巫(フ)馬(ハ)戴星 密賤弾琴
巫馬期単(タム)甫(フ)令ニナリテ日夜ニヤスクヰル事ナシ星ヲイタ
タキテイテ星ヲイタタキテイリツツミヲイタマシメテ所ヲヲサメ
ケリ後ニ密子賤単甫ノ令ニナレル時琴ヲヒキテ堂ヨリ
ヲリサレトモ所ヲサマリケリ巫馬期ヲノユエヲトヒケリ密子
賤コタヘテ云ク汝ハチカラヲモテヲサムワレハ人ニマカセテ
ヲサムチカラヲツクスハ労ス人ニマカスルハヤスシトイヘリ
     タキツセヤミトリノミツヲムスヒテソ
     スエヲハ人ニマカセケルカナ/d2-30r
1)
底本「密賤弾琴」。原拠により訂正。
2)
底本「単甫」。原拠により訂正。以下同じ。
3)
底本「密子賤」。原拠により訂正。以下同じ。
4)
「そのゆゑ」は底本、「ヲノユエ」。文脈により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka12-06.txt · 最終更新: 2018/02/26 23:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa