Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第12第2話(172) 簫史鳳台

校訂本文

簫史鳳台

簫史は、秦の穆公の時の人なり。常に心を澄ましつつ、簫を吹きけり。孔雀、飛び来たりて、羽をかへて舞ひけり。すべて、簫史が声を聞く人、涙をもよほさぬなし。

穆公の女(むすめ)に弄玉といへる人、情け深く、色を知れる心にて、簫史が簫の声にめでて、忍びて逢ひ給ひにけり。二心(ふたごころ)なくて、年月(としつき)を送り迎へけり。

簫史、弄玉に簫を教ふるに、たどる所なく学び得てけり。鳳鳴の曲を吹くに、鳳凰飛び来たりて、かの上に棲みて、これを聞きけり。すなはち鳳台を作られけり。

もろともに台に上(のぼ)りて。月の光の蒼々たる夜、冬の空のものあはれなるに、簫を吹きけり。鳳凰、この二人をいざなひて、遥かに飛び去りにけり。その跡に、鳳女祠を建てられにけり。

  笛の音を雲のいづくに誘ひけむ月に台(うてな)のあとを残して

翻刻

簫史鳳台  〃〃ハ秦ノ穆公ノ時ノ人也ツネニ心ヲ/スマシツツ簫ヲフキケリ孔雀
トヒキタリテハネヲカヘテマヒケリスヘテ簫史カコヱヲキク
人ナミタヲモヨヲサヌナシ穆公ノムスメニ弄玉ト云ヘル人ナ
サケフカクイロヲシレル心ニテ簫史カ簫ノコヱニメテテシノヒテ
アヒタマヒニケリフタ心ナクテトシ月ヲヲクリムカヘケリ簫
史弄玉ニ簫ヲヲシウルニタトル所ナクマナヒエテケリ鳳
鳴ノ曲ヲフクニ鳳凰トヒキタリテカノウヱニスミテコレヲキキ
ケリスナハチ鳳台ヲツクラレケリモロトモニ台ニノホリテ月ノ
光ノ蒼々タルヨフユノソラノモノアハレナルニ簫ヲフキケリ
鳳凰コノ二人ヲイサナヒテハルカニトヒサリニケリソノアトニ
鳳女祠ヲタテラレニケリ/d2-28r
    フエノネヲクモノイツクニサソヒケム
    月ニウテナノアトヲノコシテ/d2-28l
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka12-02.txt · 最終更新: 2018/02/22 23:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa