Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第12第1話(171) 女媧補天

校訂本文

女媧補天1)

女媧は女帝なり。伏羲氏の妹(いもうと)、吉祥菩薩の御身と言へり。

昔、四極すたれ、九州裂けたりしに、五色の石を練りて、蒼天を補(おぎの)ふ。

女媧、初めて琴・箏・簫・笙を作り給へりけり。琴を作りて、初めて弾く時、白雲飛びて、前(まえ)に来たれり。簫を作りて吹く時、六月に霜下(くだ)れり。一度(ひとたび)曲調をなすに、天下、大きに振るふ。笙を作りて吹く時、鶯来たり鳴くと言へり。

  空はみなとだえも見えず割れにけり琴の音(ね)ゆゑぞ雲はたなびく

翻刻

女蝸補天
女蝸ハ女帝ナリ伏羲氏ノ妹(イモウト)吉祥菩薩ノ御身ト云ヘリ
昔四極スタレ九州サケタリシニ五色ノ石ヲネリテ補(ノフ)蒼天ヲ
女蝸ハシメテ琴箏蕭笙ヲツクリ給ヘリケリ琴ヲツ
クリテハシメテヒクトキ白雲トヒテマエニキタレリ蕭ヲ
ツクリテフクトキ六月ニシモクタレリヒトタヒ曲調ヲナスニ
天下大振フ笙ヲツクリテフク時ウクヒスキタリナクト云リ/d2-27l
    ソラハミナトタヘモミヘスワレニケリ
    コトノネユエソクモハタナヒク/d2-28r
1)
「女媧」は底本「女蝸」。以下すべて同じだが、一般的な表記に改めた。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka12-01.txt · 最終更新: 2018/02/22 23:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa