Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第11第16話(166) 庶女振風

校訂本文

庶女振風

斉の庶女がをば、一人の女(むすめ)ありけり。この女、「母の財(たから)を取らむ」と思ふ心ありて、母を殺して、庶女に1)、「かく」と言ひけり。

庶女、これを聞くより、あさましく、心憂く思へども、人にはえ言はずして、天に告げてけり。

時に雷電下りて、景公台を打ち傾(かたぶ)け、海水、多きに出でて、世、驚き、人、ことごとく騒ぎ惑ひけり。

  天(あめ)とよみ風騒ぐなり世の中の人の心のうき雲の空

翻刻

庶(シヨ)女振(シム)風  斉ノ庶女カヲハヒトリノ女メアリケリ/コノ女メハハノタカラヲトラムト思フ心/d2-24l
アリテハハヲコロシテ庶女カクトイヒケリ庶女コレヲキ
クヨリアサマシク心ウク思ヘトモ人ニハエイハスシテ天ニツケテ
ケリ時ニ雷電クタリテ景公台ヲウチカタフケ海水
ヲホキニイテテヨヲトロキ人コトコトクサハキマトヒケリ
    アメトヨミ風サハクナリヨノ中ノ
    人ノココロノウキクモノソラ/d2-25r
1)
底本「に」なし。書陵部本により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-16.txt · 最終更新: 2018/02/19 21:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa