Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第11第13話(163) 扁鵲起虢

校訂本文

扁鵲起虢

扁鵲、姓は秦、名は越人、時の名医なり。虢の太子の、すでに死するを見て、扁鵲、「治しつべし」と言ひて、すなはち治するに、生きにけり。兄(このかみ)二人ありけり。

その里人の中(うち)には、病(やまひ)する者なかりければ1)、治方の験(しるし)も聞こえぬ2)ほどなり。

扁鵲、斉の桓公を見て、「君に病あり」と言ふを、桓公、用ゐず。後に伏して見、仰(あふ)ぎて見て、「治せむ」と乞ふに、「なんぢ、病ふなき身を見て、治して、その功を立てんと思へるなるべし」と言ひて、なほ用ゐず。扁鵲、また桓公を見て、立ち走りて帰りぬ。

時に、桓公、病重くわづらひて、扁鵲を召して、「治せよ」と言ふに、扁鵲、答へていはく、「始め病を見しに、病、皮べにありて、針灸の及ぶ所なれば、『治せむ』と乞ひしに、君、聞き給はざりき。次にまた病を見しに、血脈にありき。湯薬の及ぶ所なれば、『治せむ』と乞ひしに、君、『病なし』と言ひて、聞き給はざりき。後に病を見しに、病すでに骨髄に入りて、薬の及ぶ所にあらざりしかば、退きにき。今、まさに治し難(がた)かるべし」と答へて、去りぬ。さて、桓公、命終りにけり。

秦の穆公、にはかに魂(たましひ)失せにけり。扁鵲に見せしむるに、「死ぬべからず。七日ありて生き返るべし」と言ふ。

七日に生き返りていはく、「われ、鈎天に昇りて、百神とともに遊びつ。天帝、喜びて、鈎天広の妙曲を尽しき。すなはち、この曲を伝へて来たれり」。

このゆゑに、扁鵲が悟りを讃めて、田百丁を賜びけり。扁鵲がいはく、「われいふことの験(しるし)をあらはしつれども、治する所の功なければ、賞を受けず」と言ひて、去りぬ。

  枯れ果つる色かと見しを春雨のときはにかへす生(いき)の松原

翻刻

扁鵲起虢(クワク) 扁鵲姓ハ秦名ハ越人時ノ名医/ナリ虢(クワク)ノ太子ノステニシス/d2-23r
ルヲミテ扁鵲治シツヘシト云テスナハチ治スルニイキニケリコノ
カミフタリアリケリソノサト人ノ中(ウチ)ニハヤマヒスルモノアカリケレハ
治方ノシルシモキココヘヌホトナリ扁鵲斉ノ桓公ヲミ
テ君ニヤマヒアリト云ヲ桓公モチヰス後ニフシテミアフキ
テミテ治セムトコフニナムチヤマウナキミヲミテ治シテソノ
功ヲタテント思ヘルナルヘシト云テナヲモチヰス扁鵲又桓
公ヲミテタチハシリテカヘリヌ時ニ桓公ヤマヒヲモクワツ
ラヒテ扁鵲ヲメシテ治セヨト云ニ扁鵲コタヘテ云ク
ハシメ病ヲミシニヤマヒカハヘニアリテ針灸ノヲヨフ所ナレハ治
セムトコヒシニキミキキ給ハサリキツキニマタ病ヲミシニ血脈ニ
アリキ湯薬ノヲヨフ所ナレハ治セムトコヒシニ君病ナシト云テ
キキ給ハサリキ後ニ病ヲミシニ病ステニ骨髄ニイリテ
クスリノヲヨフ所ニアラサリシカハシリソキニキ イママサニ
治シカタカルヘシトコタヘテ サリヌサテ 桓公命ヲハ/d2-23l
リニケリ秦穆公ニハカニ  タマシヒウセニケリ扁鵲ニ
ミセシムルニシヌヘカラス七日アリテイキカヘルヘシト云七日ニ
イキカヘリテ云クワレ鈎天ニノホリテ百神トトモニアソヒツ
天帝ヨロコヒテ鈎天広ノ妙曲ヲツクシキスナハチコノキヨ
クヲツタヘテキタレリコノユエニ扁鵲カサトリヲホメテ田百丁ヲ
タヒケリ扁鵲カ云クワレイフ事ノ験ヲアラハシツレトモ
治スル所ノ功ナケレハ賞ヲウケスト云テサリヌ
  カレハツル色カトミシヲハルサメノトキハニカヘスイキノマツハラ/d2-24r
1)
「なかりければ」は底本「アカリケレハ」。文脈により訂正
2)
「聞こえぬ」は底本「キココヘヌ」。「こ」の衍字とみて一字削除。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-13.txt · 最終更新: 2018/02/18 22:43 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa