ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka11-12

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka11-12 [2018/02/15 23:09]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka11-12 [2018/02/15 23:16] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 6: ライン 6:
 ** 范張雞黍 後漢代人 ** ** 范張雞黍 後漢代人 **
  
-後漢の范式と張元伯とは、心ざし浅からざりし友なり。二人の住処(すみか)の遠さ、千里を隔てたりければ、春の天に別れ去りて、秋の末に後会を期しけり。+後漢の范式((范巨卿))と張元伯とは、心ざし浅からざりし友なり。二人の住処(すみか)の遠さ、千里を隔てたりければ、春の天に別れ去りて、秋の末に後会を期しけり。
  
 元伯、九月十五日に黍(きび)の飯(いひ)をして、鶏(にはとり)をまうけて、范式を待つに、母のいはく、「道千里を隔てたり。ただ今、必ずしも、しかるべからず」と言ふほどに、范式すでに来たれりと言へり。 元伯、九月十五日に黍(きび)の飯(いひ)をして、鶏(にはとり)をまうけて、范式を待つに、母のいはく、「道千里を隔てたり。ただ今、必ずしも、しかるべからず」と言ふほどに、范式すでに来たれりと言へり。


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-12.txt · 最終更新: 2018/02/15 23:16 by Satoshi Nakagawa