Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第11第6話(156) 隠之感隣

校訂本文

隠之感隣

呉の隠之1)、兄弟(おとと)、丹陽にあり。

母におくれて後、あながちに歎き悲しびけるほどに、絶え入りにけり。道行き人、来たり集まりて、あはれみ、助けて2)息出でにけり。

隣の里に韓康伯といふ人あり。その母、隠之が泣く声を聞くに、親を思ふ心の浅からぬことを、「あはれ」と思ひ知りにけり。康伯を呼びて、「なんぢ、選官たらむときは、隠之が心したらむ輩(ともがら)を用ゐるべきなり」と言ひけり。

  聞きわたる隣の里もかなしきは梢(こずゑ)しぐるる松風の音

翻刻

隠之感隣  呉ノ隠之アニヲトト丹陽ニ有リ母ニ/ヲクレテ後アナカチニナケキカナシヒケル
ホトニタヘイリニケリ道ユキ人キタリアツマリテアハレミタケテ
イキイテニケリトナリノサトニ韓康伯ト云人有ソノ母
隠之カナクコヱヲキクニヲヤヲ思フ心ノアサカラヌコトヲアハ
レト思ヒシリニケリ康伯ヲヨヒテ汝チ選官タラムトキハ
隠之カ心シタラムトモカラヲモチヰルヘキナリト云ケリ
  キキワタルトナリノサトモカナシキハコスヱシクルル松風ノヲト/d2-20l
1)
呉隠之
2)
「助けて」は底本「タケテ」。書陵部本「資て」により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-06.txt · 最終更新: 2018/02/13 17:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa