Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第11第5話(155) 紀信詐帝

校訂本文

紀信詐帝

紀信は漢祖1)の将軍なり。容貌、漢祖に似たり。

漢祖、滎陽2)にて、項羽に囲(かく)まれて、危ふく見えける時、紀信、進みていはく、「事すみやかなり。われ、君(きみ)に代はりて、王車に乗らむ。項羽、われを高祖と思ひて、われにかからむ折、君は逃れ給へ」と言ひて、車に乗り代りぬ。

漢祖、食尽きて、楚に下し給ふよしを言ひなすに、項羽、喜びて、あたりを捨てて、車を囲(かこ)めり。高祖、そのひまに逃れぬ。革車、すでに近付き来たれり。高祖にはあらずして、紀信なりけり。

項羽、その心を讃めて、「なんぢをわが方(かた)の将とせむ」と言ふに、紀信がいはく、「忠臣は二主に事(つか)へず。勇士は謟言を得ず。なんぢ、まさに漢に降せよ」と言ふに、項羽、怒りて、紀信を殺さむとするに、悔ゆる心なし。身を任せて焼き3)殺されぬ。

  立ち昇る煙(けぶり)を見てぞ身にかへて思ひけりとは思ひ知りける

翻刻

紀信詐(サ)帝(テイ)  〃〃ハ漢祖ノ将軍也容皃漢祖/ニニタリ漢祖熒楊ニテ項羽ニカク
マレテアヤウクミエケルトキ紀信ススミテ云ク事スミ
ヤカナリワレキミニカハリテ王車ニノラム項羽ワレヲ高
祖ト思ヒテワレニカカラムヲリキミハノカレ給ヘト云テ
車ニノリカハリヌ漢祖食ツキテ楚ニクタシ
タマフヨシヲイヒナスニ項羽ヨロコヒテアタリヲステテ
車ヲカコメリ高祖ソノヒマニノカレヌ革車ステニチ
カツキキタレリ高祖ニハアラスシテ紀信ナリケリ項
羽ソノ心ヲホメテナムチヲワカカタノ将トセムトイフニ紀
信カ云ク忠臣ハ不事二主勇士ハ不得謟言汝マサニ
漢ニ降セヨト云ニ項羽イカリテ紀信ヲコロサムトスルニク
ユル心ナシミヲマカセテカキコロサレヌ
  タチノホルケフリヲミテソミニカヘテ思ヒケリトハ思ヒシリケル/d2-20r
1)
劉邦
2)
底本「熒楊」。原拠により訂正。
3)
「焼き」は底本「カキ」。書陵部本・原拠により訂正
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-05.txt · 最終更新: 2018/02/13 16:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa