ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka11-04

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka11-04 [2018/02/12 19:12]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka11-04 [2018/02/12 19:12] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 12: ライン 12:
 項羽、「王陵を聘(よば)はむ」と思ふ心深し。謀りて、陵母を取り籠めて、王陵を聘ぶに、陵母、ひそかに王陵がもとへ使をやりて、「わが身、かくてあればとて、いたみ思ふべからず。漢祖のために、忠を極めて、二心(ふたごころ)を見え奉らざれ」と言ひやりつ。 項羽、「王陵を聘(よば)はむ」と思ふ心深し。謀りて、陵母を取り籠めて、王陵を聘ぶに、陵母、ひそかに王陵がもとへ使をやりて、「わが身、かくてあればとて、いたみ思ふべからず。漢祖のために、忠を極めて、二心(ふたごころ)を見え奉らざれ」と言ひやりつ。
  
-「わが身、しばしもかくてあらば、王陵、われを思はむゆゑに、心弱き気色もぞ、人に見ゆる」とて、陵母、泣く泣く剣の上にして、命を失ひてけり。+「わが身、しばしもかくてあらば、王陵、われを思はむゆゑに、心弱き気色もぞ、人に見ゆる」とて、陵母、泣く泣く剣の上にして、命を失ひてけり。
  
   ながらへばわれゆゑものや思ふとて子のため捨つる命なりけり   ながらへばわれゆゑものや思ふとて子のため捨つる命なりけり


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka11-04.txt · 最終更新: 2018/02/12 19:12 by Satoshi Nakagawa