Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第10第16話(146) 季布一諾

校訂本文

季布一諾

季布は楚人なり。一言の信を変ずる心なかりき。

そのかみ、漢祖1)を窘(たしなま)しめけり。漢祖、天下を取りて、恨みを残しけれども、季布、「へつらひ従はじ」と言ひて、朱家に属して、隠れ居にけり。

後に思ひゆるして、郎と為して、はなはだ重くせられけり。

時の人の諺(ことはざ)にいはく、「黄金百鎰(いつ)を得るよりは、季布一諾にはしかず」と言へり。

  たのもしな移ろふ世々に移ろはぬ同じときはの松の心は

翻刻

季布一諾 季布ハ楚人也一言ノ信ヲ変スル心ナカ/リキソノカミ窘(タシナマシメケリ)漢祖ヲ漢祖天下ヲ
トリテウラミヲノコシケレトモ季布ヘツラヒシタカハシト云テ
属シテ朱家ニカクレヰニケリ後ニ思ユルシテ為シテ郎トハナハタヲ
モクセラレケリ時ノ人ノコトハサニ云ク得ヨリハ黄金百鎰(イツヲ)不
如季布一諾ニハト云リ
      タノモシナウツロウヨヨニウツロハヌヲナシ
      トキハノマツノ心ハ/d2-17r
1)
劉邦
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka10-16.txt · 最終更新: 2018/02/08 18:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa