Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第10第1話(131) 梁鴻五噫

校訂本文

梁鴻五噫

梁鴻、後漢の代の扶風の人なり。

才学、世にすぐれたれども、おほやけも用ゐ給はねば、世を憂きものに思ひ取りて、五つの歎きの歌を作りて、覇陵山にかきこもりにけり。

孟光1)といふ、心賢き妻(め)を身にそへて、明け暮れは書誦し、琴を弾きてぞ、心を慰めける。

五噫事、一、登彼北邙兮噫、二、顧視帝京兮噫、三、寂寥之未央子噫、四、宮室崔嵬兮噫、五、人之欨労兮噫、遂於越中也2)

  歎きこし山のいつえの奥の色は身のうき雲ぞとざしなりける

翻刻

梁鴻五噫  梁鴻後漢ノ代ノ扶風ノ人也才学ヨニ/スクレタレトモヲホヤケモモチヰ給ハネハ
ヨヲウキモノニ思ヒトリテイツツノナケキノ哥ヲ作リテ覇陵山ニ
カキコモリニケリ孟光ト云心カシコキメヲミニソヘテアケクレハ
書誦シ琴ヲヒキテソ心ヲナクサメケル
  五噫事 一登彼北近邛兮噫 二顧視帝京兮/d2-11l
  噫 三寂寥之未央子噫 四宮室崔嵬兮噫
  五人之欨労兮噫 遂於越中也
  ナケキコシ山ノイツエノヲクノイロハ
  ミノウキ雲ソトサシナリケル/d2-12r
2)
本来の『五噫歌』は次の通り。「陟彼北芒兮噫。顧瞻帝京兮噫。宮闕崔巍兮噫。民之劬勞兮噫。遼遼未央兮噫。」
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka10-01.txt · 最終更新: 2018/01/27 19:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa