Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第9第8話(128) 季札掛剣

校訂本文

季札掛剣

呉の季札、おほやけの御使ひとして、隣の国に行きけるに、徐君が、季札が剣を見て、心かけてけり。季札。その心を悟りて、「帰りて与へむ」と思ひて、行きぬ。

帰り来たりて、徐君を尋ぬるに、「早く、死ににけり」と言ふ。季札、徐君が塚に行きて、剣をとりて、柏樹の枝にかけて去りぬ。

亡きあとまでも、思ふ筋をたがふべからざりけるなり。1)

翻刻

季札掛釼  呉ノ季札ヲホヤケノ御使トシテ/隣リノ国ニユキケルニ徐君カ季札カ
釼ヲミテ心カケテケリ季札ソノ心ヲサトリテカヘリテ
アタヘムト思ヒテユキヌカヘリキタリテ徐君ヲ尋ヌルニハヤク
シニニケリト云季札徐君カツカニユキテ釼ヲトリテ栢
樹ノ枝ニカケテサリヌナキアトマテモ思フスチヲタカフヘカ
                     ラサリケルナリ/d2-10r
1)
底本、和歌なし。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka09-08.txt · 最終更新: 2018/01/23 18:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa