Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第9第7話(127) 何武去思

校訂本文

何武去思 漢代人

漢書にいはく、何武、字(あざな)は君卿、蜀郡の人なり。ことにふれて情け深かりき。好みて、人をすすめて、「人の良きことをあらはさむ」と思へり。

その所を去りて後、常に何武がことを思はずといふことなし。

  春霞立ち別れける山人の心の花を惜しむばかりぞ

翻刻

何武去思  漢代人 漢書ニ云何武アサナハ君卿蜀/郡ノ人也コトニフレテナサケフカ/d2-9l
カリキコノミテ人ヲススメテ人ノヨキ事ヲアラハサムト思ヘリ
ソノ所ヲサリテ後ツネニ何武カ事ヲヲモハスト云事ナシ
    ハルカスミタチワカレケル山人ノ
    心ノ花ヲヲシムハカリソ/d2-10r
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka09-07.txt · 最終更新: 2018/01/23 18:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa