Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第9第3話(123) 魏儲南館

校訂本文

魏儲南館

魏の文帝1)、儲君たりし時、朝歌の令2)、呉質がもとへつかはす書にいはく、「昔日の南皮の遊を憶ふ毎に、北場3)に馳騁せて、南館に旅食す」

  旅人となりてぞ見つる山桜春や昔の奈良の故郷(ふるさと)

翻刻

魏儲南館   魏ノ文帝儲君タリシ時朝歌ノ令(レイ)/呉質カモトヘツカハス書ニ云ク
毎ニ憶フ昔日ノ南皮之遊ヲ馳騁セテ北傷ニ旅食南館ニ矣
  タヒ人トナリテソミツル山サクラハルヤムカシノナラノフルサト/d2-7l
1)
曹丕
2)
典拠では「元城令」。
3)
底本「北傷」。典拠により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka09-03.txt · 最終更新: 2018/01/21 19:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa