Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第8第6話(116) 仲連蹈海

校訂本文

仲連蹈海 斉人也

魯仲連、奇偉倜儻の画策を好みて、心に高節を思ひて、深くこもり居にけり。

秦王、官をさけて、職を授け給ひて、召せども、世の危ふきことを悟りて参らず。静かに趙に遊びけり。

「たとひ、東海を踏みては死ぬとも、秦の臣とはならじ」と言ひけり。

  清見潟(きよみがた)波の関路(せきぢ)はあゆむともうき名をとめじと思ふばかりぞ

翻刻

仲連蹈海 斉人也  魯仲連奇(キ)偉(クヰ)倜(テウ)儻(タウ)ノ/画策ヲ好ミテ心ニ高節ヲ
思ヒテフカクコモリヰニケリ秦王官ヲサケテ職ヲサツケ
給テメセトモヨノアヤウキ事ヲサトリテマヒラスシツカニ
趙ニアソヒケリタトヒ東海ヲ蹈テハシヌトモ秦ノ臣トハ
ナラシト云ケリ/d2-5r
    キヨミカタナミノセキチハアユムトモ
    ウキナヲトメシトヲモフハカリソ/d2-5l
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka08-06.txt · 最終更新: 2018/01/14 02:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa