Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第8第4話(114) 厳陵去釣

校訂本文

厳陵去釣

後漢の厳光、字は子陵なり。このゆゑに厳陵といふ。

昔、光武1)に勤め深かりき。光武、位に即きて後、厳陵を忘れ給ひにけり。厳陵、世を恨みて、孤亭山にこもり居て、釣りを垂れて過ぎけり。光武、三度(みたび)召せども参らず。

時に天変あり。司天、奏していはく、「旧臣ありて、君を恨み奉ることあるべし」と申しけり。帝、「厳陵なり」とて、なほたびたび召せども、つひに参らず。

厳陵が釣りせし所を厳陵瀬とはいへり。

  さりともと頼みしせぜを漕ぎ過ぎて恨みに沈むあまの釣舟

翻刻

厳陵去鈎(コウ)   後漢ノ厳光字子陵也是故ニ厳陵ト/云昔光武ニツトメフカカリキ光武位ニ
ツキテ後厳陵ヲワスレタマヒニケリ厳陵ヨヲウラミテ孤
亭山ニコモリヰテツリヲタレテスキケリ光武ミタヒメセトモマ
ヒラス時ニ天変アリ司天奏シテ云ク旧臣アリテ君ヲ
ウラミタテマツルコトアルヘシト申ケリ帝厳陵也トテ
ナヲタヒタヒメセトモツヒニマヒラス厳陵カツリセシ所ヲ厳
陵瀬トハイヘリ/d2-4l
   サリトモトタノミシセセヲコキスキテ
   ウラミニシツムアマノツリフネ/d2-5r
1)
光武帝
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka08-04.txt · 最終更新: 2018/01/13 23:10 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa