Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第8第1話(111) 范蠡泛湖

校訂本文

范蠡泛湖

范蠡、越王勾践に仕へて、世の政を行ひけり。呉王夫差と戦(いくさ)を争ふほど数十年、心を一つにして、会稽の恥を清めてけり。

国を授けけれども、受け取らずして、閑かに世をわたらむとする。勾践、ねむごろに惜しめども、しひて去りぬ。人をやりて留むれども、「われ、君のために忠深かりき1)。暇(いとま)を賜はらむを報いとせむ」と言ひて、つひに帰らず。湖上に舟を浮べて、舟の内に、閑かに世をわたりて、心のままに遊びけり。

勾践、昔の忠のむなしかるべきことを憂へて、会稽山を給ひけり。後に陶に行きて、朱公と言へり。陶は天下の最中なるかゆゑに、商ひに便ありけり。その利、十九年の中に、三度(みたび)千金をそなへけり。再びは別ちて、貧しき友、親しき縁(ゆかり)にぞ与へける。

老子は、漢武帝の時は東方朔といひ、文帝の時は河上公といひ、斉の時は陶朱公といひ、越の時は范蠡といへり。漢高祖の時は蕭何といひ、周の時は大公望といひ、尭の時は四嶽2)といひ、黄帝の時は風詔といひ、伏羲の時は勾亡といへり。すべて万八千歳を重ねたり。

  雲騒ぐ都の空を隔て来てのどかにすめるさざ波の月

翻刻

范蠡泛湖   范蠡越王句践ニツカヘテヨノ政ヲ/ヲコナヒケリ呉王夫(フ)差(サト)イクサヲ
アラソウホト数十年心ヲヒトツニシテ会稽ノハチヲキ
ヨメテケリ国ヲサツケケレトモウケトラスシテシツカニ/d2-2l
ヨヲワタラムトスル句践ネムコロニヲシメトモシヰテ
サリヌ人ヲヤリテトトムレトモワレキミノタメニ忠カカリキ
イトマヲタマハラムヲムクヰトセムト云テツイニカヘラス
湖上ニ舟ヲウカヘテ舟ノ内ニシツカニヨヲワタリテ心ノママニ
アソヒケリ句践昔ノ忠ノ空シカルヘキ事ヲウレヘテ
会稽山ヲ給ヒケリ後ニ陶ニユキテ朱公ト云ヘリ陶ハ
天下ノ最中ナルカユヘニアキナヒニ便アリケリソノ利
十九年ノ中ニミタヒ千金ヲソナヘケリフタタヒハワカチ
テマツシキトモシタシキユカリニソアタヘケル
  老子ハ漢武帝ノ時ハ東方朔ト云ヒ文帝ノ時ハ
  河上公ト云ヒ斉ノ時ハ陶朱公ト云越時范蠡ト云ヘリ
  漢高祖ノ時蕭何ト云ヒ周ノ時大公望ト云尭ノ時ハ
  四獄ト云黄帝時風詔ト云伏羲ノ時ハ勾亡ト
  云ヘリスヘテ万八千歳ヲカサネタリ/d2-3r
  クモサハクミヤコノソラヲヘタテキテ
  ノトカニスメルササナミノ月/d2-3l
1)
「忠深かりき」は、底本「忠カカリキ」。書陵部本により訂正。
2)
「四嶽」は底本「四獄」。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka08-01.txt · 最終更新: 2018/01/08 15:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa