Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第7第8話(108) 呂望非熊

校訂本文

呂望非熊

周の文王、渭浜の狩りに出でむとして、史篇に占はせらるるに、「獲物、熊にあらず、羆(しぐま)にあらず。天の君に師を贈らむずるなり」と占へり。

文王、七日斎(いも)ひして、渭浜に出でて、一人の翁の釣りするに会ひ給ひぬ。呂望1)と聞こへし人なりけり。

文王、これを得て、喜びて、車の右に乗せて、帰りて、政(まつりごと)を任せ給ひければ、世すなほに、民やすくなりにけり。

呂望、昔、妻ありけり。呂望が貧しきに耐へずして、逃げ去りにけり。後に、呂望、斉の国の君として赴くに、道に泣き悲しむ女あり。怪しみ問ふに、「われは呂望が妻たりき。今、斉の君となれるを聞くに、心短かかりしことを悔ひ悲しぶなり」と言ふ。

呂望、「わがことなり」と答ふ。女、帰り住まむことを望む。呂望、水を女に汲ませて、土に入れて、「また元のやうに受けよ」と言ふ。水、返ることなし。時にいはく、「なんぢ、恩愛尽きにしことの水のごとし」と言ひて過ぎぬ。

  かきくらし知らぬ翁にあひ見しも心のうらのかがみなりけり

翻刻

呂望非熊
周ノ文王渭浜ノカリニイテムトシテ史篇ニウラナハセラルルニ
エモノクマニアラスシクマニアラス天ノ君ニ師ヲヲクラムスルナ
リトウラナヘリ文王七日イモヰシテ渭浜ニイテテヒトリノ
ヲキナノツリスルニアヒタマヒヌ呂望トキコヘシ人也ケリ/d1-52l
文王コレヲエテヨロコヒテクルマノミキニノセテカヘリテマツリ
コトヲマカセタマヒケレハヨスナヲニタミヤスクナリニケリ
呂望昔妻アリケリ呂望カマツシキニタエスシテニケ
サリニケリ後ニ呂望斉ノ国ノキミトシテヲモムクニミチニ
ナキカナシム女アリアヤシミトフニワレハ呂望カ妻タ
リキイマ斉ノキミトナレルヲキクニ心ミシカカリシコトヲ
クヒカナシフナリト云呂望ワカコトナリトコタフ女カヘリ
スマムコトヲノゾム呂望ミツヲ女ニクマセテツチニイレテマ
タモトノヤウニウケヨトイフ水カヘルコトナシトキニイハクナム
チヲムアヒツキニシコトノミツノコトシト云テスキヌ
  カキクラシシラヌヲキナニアヒミシモ
  ココロノウラノカカミナリケリ/d1-53r
1)
呂尚・太公望
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka07-08.txt · 最終更新: 2018/01/07 14:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa