Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第7第5話(105) 管仲随馬

校訂本文

管仲随馬

管仲1)は斉の桓公に仕へて、上卿たりき。

桓公、孤竹といふ所を行く時、おほきに雪降りて、道に惑ひにけり。時に、管仲がいはく、「老馬智を用ゐるべし」と言へり。ここに、老馬を放ちて、その跡を行くに、馬、もと来(こ)し道を忘れねば、つひにしるしとなりにけり。

管仲、公子糾が将として、戦ひに赴きて、桓公を追ひ責むるに、あやふく見えけるを、帯の上を射て、いつはり助けてけり。桓公、後に管仲を迎へて、政(まつりごと)を任せり。

  迷はまし2)雪に家路を行く駒のしるべを知れる人なかりせば

翻刻

管仲随馬
管仲ハ斉ノ桓公ニツカヘテ上卿タリキ桓公孤竹ト云トコロ
ヲユクトキヲヲキニ雪フリテミチニマトヒニケリ時ニ管仲カ云ク
老馬智ヲモチヰルヘシト云リココニ老馬ヲハナチテソノアトヲユ
クニ馬モトコシミチヲワスレネハツイニシルシトナリニケリ
管仲公子糺カ将トシテタタカヒニヲモムキテ桓公ヲヲヒセム
ルニアヤウクミエケルヲ帯ノウエヲイテイツハリタスケテケリ
桓公ノチニ管仲ヲムカエテマツリコトヲマカセリ
  フヨハマシ雪ニイヘチヲユクコマノシルヘヲシレル人ナカリセハ/d1-51l
1)
管夷吾
2)
「迷はまし」は底本「フヨハマシ」。書陵部本(桂宮本)により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka07-05.txt · 最終更新: 2017/12/27 14:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa