ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka07-04

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka07-04 [2017/12/24 22:02] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +蒙求和歌
 +====== 第7第4話(104) 子猷尋戴 ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +** 子猷尋戴 **
 +
 +晋の王羲之が第四の子、王子猷((王徽之))、戴の安道((戴安道・戴逵))とは多年の友なり。琴詩酒の遊びには、筵(むしろ)を一つにし、雪月花のながめに袖を連ねずといふことなし。
 +
 +子((猷を脱するか。))、山陰にこもり居たるに、夜、おほきに雪降れりけり。子猷、眠り((「眠り」は底本「ネフ」。諸本により「り」を補う。))覚めて、酒をくみて、四望するに、景気皎然たり。
 +
 +一人心を澄ましつつ、左思が招隠の詩((「招隠の詩」は底本「松隠ノ詩」。書陵部本(桂宮本)及び典拠により訂正。))を詠じて、剡県の戴安道を思へり。すなはち、一小船に棹(さを)さして、剡県におもむく。沙堤、雪白くして、水面に月浮び、船の内のながめ、波の上のあはれ、一つとして心をくだかずといふことなし。
 +
 +あくがれ行くほどに、戴安道が家の門のほとりに至りぬ。五夜、まさに明けむとして、万感、すでに尽きにければ、むなしく漕ぎ帰りしを、「会はではいかが」と聞こゆれども、「雪月の興にのりて来たりき。興尽きて帰りぬ。何ぞ必ずしも、戴安道に会はむ」とぞ答へけり。
 +
 +  何かまた会はで帰ると思ふべき月と雪とは友ならぬかは
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  子猷尋戴
 +  晋ノ王羲之カ第四ノ子王子猷戴ノ安道トハ多年ノトモ
 +  ナリ琴詩酒ノアソヒニハムシロヲヒトツニシ雪月花ノナカメニソ
 +  テヲツラネスト云コトナシ子山陰ニコモリヰタルニヨルヲホキニ
 +  雪フレリケリ子猷ネフサメテ酒ヲクミテ四望スルニ景気
 +  皎然タリヒトリ心ヲスマシツツ左思カ松隠ノ詩ヲ詠シテ
 +  剡県ノ戴安道ヲ思ヘリ即一小船ニサホサシテ剡県ニヲモ
 +  ムク沙堤雪白クシテ水面ニ月浮船ノウチノナカメ浪ノ上ノ
 +  アハレヒトツトシテ心ヲクタカスト云事ナシアクカレユクホト
 +  ニ戴安道カ家ノ門ノホトリニイタリヌ五夜マサニアケムト
 +  シテ万感ステニツキニケレハムナシクコキカヘリシヲアハテハイ/d1-51r
 +
 +  カカトキコユレトモ雪月ノ興ニノリテキタリキ興ツキテカヘリ
 +  ヌナムソカナラスシモ戴安道ニアハムトソコタヘケリ
 +    ナニカマタアハテカヘルトヲモフヘキ月ト雪トハトモナラヌカハ/d1-51l
  


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka07-04.txt · 最終更新: 2017/12/24 22:02 by Satoshi Nakagawa