Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第6第6話(96) 春申珠履

校訂本文

春申珠履

楚の孝烈王、黄歇を相とす。春申君と言へり。

趙の平原君が使(つかひ)、楚に来れり。瑇瑁(たいまい)の簪(かむざし)、刀剣釼の鞘(さや)に珠玉を飾りて、春申君が家にのぞめり。したり顔なる気色にて、楚国に誇らむと思へり。

時に、春申君が家に、三千余人の客あり。その上客、みな玉の沓を履けり。堂上光り、門前のよそ目を驚かし、心を動かせり。平原君が使、これを見て、おほきに1)恥ぢて、頭(かうべ)を垂れけり。

  旅人の心のうちも驚きき珠を踏みける沓の響きに

翻刻

春申珠履(リ)楚ノ孝烈王黄歇ヲ相トス春申君ト云リ趙
平原君カ使ヒ楚ニ来レリ瑇(タイ)瑁(マイ)ノカムサシ刀釼ノサヤニ珠玉ヲ
カサリテ春申君カ家ニノソメリシタリカヲナルケシキニテ楚
国ニホコラムトヲモヘリ時ニ春申君カ家ニ三千余人ノ客アリ
ソノ上客ミナ玉ノクツヲハケリ堂上ヒカリ門前ノヨソメヲヲトロ
カシ心ヲウコカセリ平原君カ使ヒコレヲミテヲホ□□ハ
チテカウヘヲタレケリ/d1-47l
  タヒ人ノ心ノウチモヲトロキキタマヲフミケルクツノヒヒキニ/d1-48r
1)
「おほきに」は底本「をほ□□」、二字虫損。諸本により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka06-06.txt · 最終更新: 2017/12/21 18:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa