Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第4第14話(69) 阮孚蝋屐 祖約好財 埋火

校訂本文

阮孚蝋屐 祖約好財 埋火 晋代人

阮孚は足駄(あしだ)を好み、祖約は財(たから)を好みし人なり。常にこれを営むこと、あひ同じ。

人、行きて、二人が得失を計るに、まづ祖約がもとに行きて見れば、財を屏当して簾(すだれ)を後ろに当てて、身を傾(かたぶ)けて、隠しそばめて、その気色、心よからず。

次に阮孚がもとに行きて見れば、火を吹きて屐を蝋して、歎きていはく、「知らず、一生の内に、いくばく足駄をか用ゐむとする」と言へり。神色怡然として困暢なり。

この時に、阮孚は得、祖約は失と定めてけり。

屏当は、畳み伸(の)し納むと言へり。屏は去声なり。併当とも書けり。蝋といはるは繕飾なり。

  消えかへり思ふも悲し埋火(うづみび)のいけるあしたのほどもなき世を

翻刻

阮(クヱン)孚(フ)䗶(ラフ)屐(ケキ) 祖約(ヤク)好(カウ)財(サイ) 埋火 晋代人
阮孚ハアシタヲコノミ祖約ハタカラヲコノミシ人ナリツネニコレヲ
イトナムコトアヒ同シ人ユキテ二人ガ得失ヲハカルニ先ツ祖
約カモトニ行テ見レハタカラヲ屏当(ヘイタウ/シヲサメ)シテスタレヲウシロニ
アテテミヲカタフケテカクシソハメテソノケシキ心ヨカラス
次ニ阮孚カモトニ行テ見レハ火ヲフキテ䗶屐(アシタヲ)ナケキテ/d1-33r
云クシラス一生ノ内ニイクハクアシタヲカモチヰムトスルト云リ
神(シム)色(シヨク)怡(イ)然(セム)トシテ困(コム)暢(チヤウ)ナリコノ時ニ阮孚ハ得(トク)祖約ハ失(シツ)
トサタメテケリ屏当ハタタミノシヲサムトイヘリ屏ハ去声※この一行は丁末に書かれている。
ナリ併当トモカケリ䗶ト云ルハ繕餝ナリ
  キヘカヘリヲモフモカナシウツミヒノイケルアシタノホトモナキヨヲ/d1-33l
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka04-14.txt · 最終更新: 2017/11/20 23:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa