Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第4第9話(64) 王覇氷合 氷

校訂本文

王覇氷合 氷

漢記にいはく、光武1)、邯鄲より、王莽が軍(いくさ)を去りて、南の方、曲陽に至りて呼池2)を渡らむとするに、水早く船無しと言へり。左右の人、をののき、恐れけり。

時に、王覇をつかはして見せらるるに、はかりごとをめぐらして、「氷いたく結びて、渡りぬべし」と申すに、衆人、おほきに喜びて3)、並び渡りにけり。

  旅人の駒渡すべき波路かはつららの上と思ひなさずは

  駒渡すつららの道を知らせずは思ひよるべき波の上かは4)

翻刻

王覇氷合 氷
漢記云光武邯(カム)鄲(タム)ヨリ王莽カイクサヲサリテ南ノカタ曲(キヨク)
陽(ヤウ)ニイタリテ呼(コ)池ヲワタラムトスルニ水ハヤク船ナシト云リ
左右ノ人ヲノノキヲソレケリ時ニ王覇ヲツカハシテミセラルル
ニハカリコトヲメクラシテコホリイタクムスヒテワタリヌヘシ
ト申ニ衆人ヲホキニヨロヨヒテナラヒワタリニケリ/d1-32r
1)
光武帝
2)
滹沱河を指す。書陵部本(桂宮本)は「呼沱」。「滹」は「呼」に通用し、古く「滹池」「呼池」とも表記したらしい。
3)
「喜びて」は底本「ヨロヨヒテ」。書陵部本(桂宮本)により訂正
4)
底本は和歌を欠く。以上二首、書陵部本(桂宮本)により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka04-09.txt · 最終更新: 2017/11/19 19:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa