Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第4第5話(60) 鍾離委珠 霰

校訂本文

鍾離委珠 霰

後漢の鍾離意、字は子阿と云ふ。顕宗、位に即きて、召して尚書とす。

時に交趾(かうし)の守、罪に行なはれけり。その資物を、おほやけ1)、群臣にあかち賜はするに、鍾離、珠璣(しゆき)を得て、地に捨てけり。

そのゆゑを問はるるに、答へて申していはく、「孔子は盗泉2)の水に渇するを忍び、曽参は勝母の閭に車を廻らす。その名を憎むなり」と申せり。

おほやけ、これを聞きて、「賢なるかな尚書」と讃め給ひて、倉の銭四十万を賜はせて、右僕射になし給ひけり。大臣なり。

盗泉水は、「盗人(ぬすびと)の泉」と書きたり。孔子、水に飢ゑても、その水を飲み給はず。勝母閭は、「母に勝つ里」と書きたり。曽参、急ぐ道なれども、その里を避(よ)きて過ぎき。みな、その里を厭ふゆゑなり。

  雲居より霰(あられ)に似たる玉の色を一人や庭に思ひ捨つべき

翻刻

鍾離委珠 霰
後漢ノ鍾離意アサナハ子阿ト云フ顕宗位ニツキテメシテ
尚書トス時交趾(カウシ)ノ守ツミニヲコナハレケリソノ資物ヲ
ヲホヤ□群臣ニアカチタマハスルニ鍾離珠璣(シユキ)ヲエテ地ニステケ/d1-30l
リソノユエヲトハルルニコタエテ申云ク孔子ハ忍(シノヒ)渇於資泉
之水曽参ハ廻車於勝母之閭(リヨニ)其名ヲニクムナリト申セリ
ヲホヤケコレヲキキテ賢ナル□ナ尚書トホメ給テ倉ノ銭
卌万ヲタマハセテ右僕射(イウホクシヤニ)ナシタマイケリ大臣ナリ
\盗泉水ハヌス人ノイツミトカキタリ孔子水ニウエテモソノミツ
ヲノミタマハス勝母閭ハ母ニカツサトトカキタリ曽参イソ
クミチナレトモ其里ヲヨキテスキキミナソノサトヲイトフユヘナリ
  クモヰヨリアラレニニタル玉ノ色ヲヒトリヤニハニヲモヒスツヘキ/d1-31r
1)
底本「け」虫損。諸本により補入
2)
「盗泉」は底本「資泉」。諸本により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka04-05.txt · 最終更新: 2017/11/14 20:39 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa