Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第4第1話(56) 盛吉垂泣 初冬

校訂本文

盛吉垂泣 初冬

盛吉は廷尉なり。冬の節を迎ふるごとに、いましめける罪人(つみびと)を、裁(ことは)り注(しる)しけり1)

夜な夜なみづから巡りて、おのおのが形(かたち)を見るに、笞(しもと)の跡をやもへるもあり。鉄鎖(かなぐさり)に痛めるもあり。親を恋ひ、子を恋ふるもあり。寒きを憂へ飢ゑを憂ふるもあり。

盛吉は筆を取りて泣き、妻は灯火(ともしび)を取りて泣く。共に涙を流しけり。

  灯火の影冴ゆる夜の明くるまで2)人のやみ問ふ冬は来にけり

翻刻

盛吉垂泣(セイキチスイキウ) 初冬
〃〃ハ廷尉(テイヰ)ナリ冬ノ節ヲムカウルコトニイマシメケルツミ人ヲ
コトハリシ□シケリヨナヨナミツカラメクリテヲノヲノカカタチヲミル
ニシモトノアトヲヤモヘルモアリカナクサリニイタメルモアリ
ヲヤヲコヒ子ヲコフルモアリサムキヲウレヘウエヲウレウ
ルモアリ盛吉ハ筆ヲトリテナキ妻ハトモシ火ヲトリテ
ナクトモニナミタヲナカシケリ
  トモシヒノカケサユルヨノアク□□テ人ノヤミトフ冬ハキニケリ/d1-29l
1)
「注しけり」は底本「シ□シケリ」で一字虫損。書陵部本二本により補入
2)
「明くるまで」は底本「アク□□テ」。二字虫損。書陵部本(桂宮本)により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka04-01.txt · 最終更新: 2017/11/09 19:22 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa