Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第3第14話(49) 鄭荘置駅 駒迎

校訂本文

鄭荘置駅 駒迎1)

陳留人なり

鄭荘2)は孝景帝の時の人なり。毎に五日洗沐すと言へり。いはゆる、一月に五日、一年に六十日を暇(いとま)の暇(ひま)とす。鄭荘、家に天下の名人を3)集めて、湯を沸かして、昼は日暮し、夜(よる)は明くるまで思ふさまに遊びて、心を悦ばしめけり。

人々行き帰る馬の疲れをかへりみて4)、長安城の外の四面の郊(かう)に、駅(むまや)を置きて、伝馬をたて置きけるなり。

  いくたびか駒引く秋を迎へ来し逢坂山の関の旅人

翻刻

鄭庄置駅 釣迎 陳留人也
鄭庄ハ孝景帝ノ時ノ人也毎ニ五日洗沐スト云リイハユル一
月ニ五日一年ニ六十日ヲイトマノヒマトス鄭庄家ニ天下ノ
名人アツメテ湯ヲワカシテヒルハヒクラシヨルハアクルマテヲモ
フサマニアソヒテ心ヲヨロコハシメケリ人々ユキカヘル馬ノ
ツカレヲカヘミテ長安城ノ外ノ四面ノ郊(カウニ)ムマヤヲヲキテ伝
馬ヲタテヲキケルナリ
  イクタヒカコマヒクアキヲムカヘコシアウサカ山ノセキノタヒ人/d1-27r
1)
底本、目録・標題ともに「釣迎」。和歌の内容により訂正
2)
鄭当時
3)
底本「を」なし。諸本により補う。
4)
「かへりみて」は底本「カヘミテ」。書陵部本(桂宮本)により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka03-14.txt · 最終更新: 2017/11/04 02:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa