Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第3第4話(39) 袁盎却座 女郎花

校訂本文

袁盎却座 女郎花

漢の文帝の、上林の御幸(みゆき)に、慎夫人といへる女御、傍らにあり。袁盎、立寄りて、夫人の座をしりぞけり。おほやけ1)、御気色変り、夫人、怒(いか)れる色あり。

袁盎がいはく、「おほやけは后(きさき)あり、妾あり。夫人は妾なり。妾はおほやけと床(ゆか)を一つにすることなし。昔の人彘(じんてい)がためしを思ひ知れ」と言ひけり。おほやけ、袁盎が2)かしこき心を讃めて、金五十斤を賜はせけり。

「人彘がためし」と言へるは、漢の高祖3)の后(きさき)、呂太后4)の太子孝 恵を生めり。また、戚夫人が腹に趙王如意を生めり。夫人、御志深かりけるゆゑに、東宮孝恵を5)捨てて、趙王を東宮に立てかへむとし給ひけるを、呂太后も歎き、世人(よひと)もかたぶきけり。

張良、謀(はかりごと)をめぐらして、商山の四皓を語らふに、四皓、山より出でて、東宮へ参りけり。高祖これを見給ひて、四賢一つ心に来たり助け奉ることを、心にくきことに思しして、東宮立てかふべきことを思ひとどまり給ひぬ。

また、高祖、隠れ給ひて後、孝恵、位に即き給ひぬ。呂太后、趙王を失ひ、夫人を失なはむとするを、孝恵帝、情け深き6)心にて、このことを悟りて、趙王を身にそへ、夫人をはぐくみ給へども、帝、弓射給ふ折、趙王の一人居給へるをうかがひて、鴆酒を飲ませてけり。夫人をば、足・手を切り、耳をふすべ、薬を塗りて、鬼のやうに作りなして、厠の下(もと)に置きて、人彘(じんてい)と名付けけり。恵帝、悲しみ憂へ給ひけり。

鴆酒といへる、毒酒なり。鴆といふ鳥あり。蛇(くちなは)を呑み食らふなり。その鳥の毛入れたる酒なり。また、鴆の羽(は)を酒に入れて飲ませて殺せりとも言へり。

恵帝、この後、世の政(まつりごと)を行はず、病に沈み給ひてけり。人彘が霊、呂后とり殺してけり。

父呂公、昔、呂后を見ていはく、「幸貴の身なれども、千夫の相あり」と言へりけり。高祖一人がほか、見えたる人なくして死ぬ。墓に納めて、帳床・屏風の飾り、生きたりし時のごとし。

次の日、狩猟人千余人、鷹を据ゑて犬を引きて、雨にあひて日暮れぬ。塚のもとに帰りて、おのおの集まり宿れり。内に美人あり。もの言ふことなし。その身をまさぐるに、膚(はだへ)温かにして、なつかしき匂ひなりければ、一人、二人、近付き逢ひにけるほどに、見羨(うらや)みつつ、「われも、われも」と争ふほどに、九百九十九人に当るたび、その身、溶け失せにけり。猟人(かりびと)、誰といふことを知らず。後にこそ、呂后7)とは知りにける。高祖を加へて千人の相むなしからずぞありける。

  女郎花(おみなへし)玉の籬(まがき)は心せよさてぞ昔も露にしをれし

翻刻

袁盎(ヱンアウ)却座 女郎花
漢ノ文帝ノ上林ノミユキニ慎(シム)夫人トイヘル女御カタハラニ有リ/d1-21l
袁盎タチヨリテ夫人ノ座ヲシリソケリヲヤケ御ケシキ
カハリ夫人イカレル色アリ袁盎カ云クヲホヤケハキサキ
アリ妾アリ夫人ハ妾ナリ妾ハヲホヤケトユカヲヒ
トツニスル事ナシ昔ノ人彘(テイ)カタメシヲ思ヒシレト云ケリ
ヲホヤケ袁盎カシコキ心ヲホメテ金五十斤ヲタマハセケリ
人彘(テイ)カタメシト云ルハ漢ノ高祖ノキサキ呂大后ノ太子孝
恵ヲウメリマタ戚夫人カハラニ趙王如(ニヨ)意ヲウメリ夫人
御志フカカリケル故ニ東宮孝恵ステテ趙王ヲ東宮ニタテカ
ヘムトシ給ヒケルヲ呂大后モナケキヨヒトモカタフキケリ張
良ハカリコトヲメクラシテ商山ノ四皓ヲカタラフニ四皓山
ヨリイテテ東宮ヘマイリケリ高祖コレヲミタマイテ四賢ヒト
ツココロニキタリタスケタテマツルコトヲココロニクキコトニヲホ
シテ東宮タテカウヘキコトヲヲモヒトトマリタマヒヌ又高祖
カクレタマヒテノチ孝恵クラヒニツキタマヒヌ呂大后趙王ヲ/d1-22r
ウシナヒ夫人ヲウシナハムトスルヲ孝恵帝ナ□□カキ
ココロニテコノコトヲサトリテ趙王ヲミニソヘ夫人ヲハククミ
タマヘトモ帝ユミイタマフヲリ趙王ノヒトリヰタマヘルヲウカカ
ヒテ鴆(ケン)酒ヲノマセテケリ夫人ヲハアシテヲキリミミヲ
フスヘクスリヲヌリテヲニノヤウニツクリナシテ厠ノ
下(モトニ)ヲキテ人彘(テイ)トナツケケリ恵帝カナシミウレヘタ
マヒケリ鴆酒トイヘル毒酒ナリ鴆ト云鳥有リクチナハヲ
ノミクラフナリソノ鳥ノ毛入タル酒也マタ鴆ノハヲ酒入テ
ノマセテコロセリトモ云リ恵帝コノ後ヨノマツリコトヲヲコナ
ハスヤマヒニシツミタマヒテケリ人彘カ霊呂后トリコロシテ
ケリ父呂公昔呂后ヲミテ云ク幸貴ノミナレトモ千(チチノ)夫ノ
相アリトイヘリケリ高祖一人カホカミヱタル人ナクシテ
シヌハカニヲサメテ帳床屏風ノカサリイキタリシ
トキノコトシツキノ日狩猟人千余人タカヲスヘテイヌヲ/d1-22l
ヒキテ雨ニアヒテ日クレヌツカノモトニカヘリテヲノヲノ
アツマリヤトレリ内ニ美人有リモノ云コトナシソノミヲマサ
クルニハタヘアタタカニシテナツカシキニホヒナリケレハ
ヒトリフタリチカツキアヒニケルホトニミウラヤミツツ
ワレモワレモトアラソウホトニ九百九十九人ニアタルタヒ
ソノミトケウセニケリカリヒトタレト云フコトヲシラス
後ニコソ呂公トハシリニケル高祖ヲクハヘテ千人ノ相
ムナシカラスソアリケル
  ヲミナヘシタマノマカキハココロセヨサテソムカシモツユニシヲレシ/d1-23r
1)
底本「ヲヤケ」。諸本により訂正。
2)
底本「が」なし。諸本により補う。
3)
劉邦
4)
呂雉
5)
底本「を」なし。諸本により補う。
6)
「情け深きは」底本「な□□かき」で二字程度虫損。書陵部本(桂宮本)により補う。
7)
底本「呂公」。文脈及び諸本により訂正
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka03-04.txt · 最終更新: 2017/10/26 22:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa