Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第3第3話(38) 季倫錦障 萩

校訂本文

季倫錦障 萩

晋代人

晋の季倫は石崇が字なり。家富み、財に豊かなりけり。

時に王愷1)といふ人、紫の歩障を作ること、四十里に続きけり。見る人、目驚(おどろ)かしけり。

季倫、錦の歩障を作ること、五十里に及べり。彼に敵しけり。

  武蔵野は萩の錦を織らぬまぞ若紫にしかじとは見し

翻刻

季倫錦障 萩 晋代人
晋季倫ハ石崇カ字也家トミ財ニユタカナリケリ時
王𫣅カイト云人ムラサキノ歩(ホ)障ヲツクルコト四十里ニツツキケリ
ミル人メヲトロカシケリ季倫錦ノ歩障ヲツクルコト五十里ニ
ヲヨヘリカレニ敵シケリ  ムサシノハハキノニシキヲオラヌマソ/ワカムラサキニシカシトハミシ/d1-21l
1)
「愷」は底本「𫣅(にんべんに豈)」。書陵部本(桂宮本)により訂正。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka03-03.txt · 最終更新: 2017/10/24 21:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa