Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第3第1話(36) 張翰適意 立秋

校訂本文

張翰適意 立秋

張翰、斉王1)に召されて、東曹掾たりき。斉にある時、秋の風の颯然として、初めて至れるに、江南の菰菜の羹(あつもの)・鱸魚の膾(なます)を思ひ出でて、にはかに帰らむとす。人、とどむれども聞かず。

「人の楽しぶこと、心にかなふをよしとす。公事(おほやけごと)にほだされて、数千里を守りて、司(つかさ)・位(くらゐ)を求めても、何にかはせむ」と言ひて、江南に帰りぬ。

その後、ほどなく斉王亡び給ひにければ、時の人、「張翰は、世の久しかるまじきことを、かねて悟りて、去りにけるなり」とぞ言ひける。

  故郷(ふるさと)の難波の波に思ひ立つおりしも袖に秋の上風(うはかぜ)

翻刻

張翰適意 立秋
張翰斉王ニメサレテ東曹掾(エム)タリキ斉ニ有ル時秋ノ風ノ
颯(サツ)然トシテハシメテイタレルニ江南ノ菰菜(サイ)ノアツモノ鱸魚ノ
ナマスヲ思イテテニハカニカヘラムトス人トトムレトモキカス人ノ
タノシフコト心ニカナフヲヨシトスヲホヤケコトニ羇(ホタサレテ)数千
里ヲマモリテツカサクラヒヲモトメテモナニニカハセムト云テ
江南ニカヘリヌソノ後无程斉王ホロヒタマヒニケレハ時ノ
人張翰ハヨノヒサシカルマシキコトヲ兼テサトリテサリ
ニケルナリトソイヒケル
  フルサトノナニハノナミニヲモヒタツヲリシモソテニアキノウハカセ/d1-21r
1)
司馬冏
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka03-01.txt · 最終更新: 2017/10/24 18:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa