Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第2第7話(27) 常林帯経 早苗

校訂本文

常林帯経 早苗

常林、若くして書生たりき。

漢の末に、世、大きに乱れて、人、安きことなかりけり。時に常林、田野にこもりて、文1)を身にそへて、田を作りけり。その妻、乾飯(かれひ)を持ちて行きて、敬ふこと、あるじのごとくにしけり。

後に、位、太常博士に至りにけり。年八十三にて失せにけり。

  沈みてもふみ見る道を嬉しやと山田の早苗思ひ取りけむ

翻刻

常林帯経 早苗
常林若クシテ書生タリキ漢ノ末ニ世ヲホキニ乱テ人ト安キ
事无リケリ時ニ常林田野ニコモリテ父(文歟)ヲ身ニソヘテ田ヲツク/d1-17l
リケリ其妻カレヰヲモチテユキテウヤマウコトアルシノ
コトクニシケリ後ニ位ヒ大常博士ニ至リニケリ年八十三ニテ
ウセニケリ  シツミテモフミミル道ヲウレシヤト山田ノ早苗ヘ思ヒトリケム/d1-18r
1)
底本「父(文歟)」とある。文脈から「文」を採用する。なお、書陵部本(桂宮本)は「書」。書陵部本は「父」。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka02-07.txt · 最終更新: 2017/10/21 23:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa