Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第2第4話(24) 樊噲排闥 水鶏

校訂本文

樊噲排闥 水鶏

樊噲1)は沛国2)の人なり。

漢の高祖3)の忠臣たりき。位につきて、天下をとりて後、病ひあて、人の多く参るをとどめて4)、一人の使ひ人を身に添へ給ひき。勅を下して5)、門戸を守らせて、群臣を入れられず。

樊噲、世のためこれを歎きて、推して6)門戸を開きて、近く進み参りて、涙を流して、諫(いさ)め申していはく、「君の世を執り給ひし始めより、仕へて忠ありき。天下、すでに定まりぬ。君の御病を、大臣、怖ぢ恐れ申す。群臣に見え給ひて、謀(はかりごと)をめぐらし給ふべき所に、一人をのみ近付けて、群臣に踈まれ給はむことの、心憂く悲しきなり。昔の趙高がゆゑをば知り給はずや」と奏するに、おほやけ笑ひて、起き出で、これに従ひ給ひにけり。

  かき暗す心の闇も明けにけり槙(まき)の板戸を叩く水鶏(くひな)に7)

翻刻

樊會排闥 水鶏
樊會ハ浦国人也漢高祖ノ忠臣タリキ位ニツキテ天下ヲ/d1-16l
トリテ後病ヒアテ人ノ多クマイルオヲトトメテヒトリノツカ
ヒ人ヲ身ニソヘ給ヒキ勅下ノ門戸ヲマモラセテ群臣ヲ入ラ
レス樊會世ノタメ此ヲ歎テソシテ門戸ヲヒラキテ近ク
ススミマイリテ涙ヲ流テイサメ申テ云ク君ノ世ヲトリ
タマイシハシメヨリツカヘテ忠アリキ天下ステニサタマリヌ
君ノ御ヤマヒヲ大臣ヲチヲソレ申ス群臣ニミヘ給テハカリ
コトヲメクラシ給ヘキ所ニ一人ヲノミチカツケテ群臣ニウ
トマレタマハムコトノ心ウクカナシキ也昔ノ趙高カ故ヲ
ハシリタマハスヤト奏スルニヲホヤケワラヒテヲキヰテ
此ニシタカヒタマヒニケリ/d1-17r
1)
底本「樊會」。書陵部本(桂宮本)により訂正。
2)
「沛」は底本「浦」。書陵部本(桂宮本)により訂正。
3)
劉邦
4)
底本「オヲトトメテ」。オを衍字とみて削除。
5)
「勅を下して」は底本「勅下ノ」。書陵部本(桂宮本)により修正。
6)
底本「ソシテ」。書陵部本(桂宮本)により修正。
7)
底本は和歌を欠いている。書陵部本(桂宮本)により補った。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka02-04.txt · 最終更新: 2017/10/20 12:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa