Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第2第2話(22) 孟嘗還珠 卯花

校訂本文

孟嘗還珠 卯花

後漢の孟嘗、字は伯周といへり。合浦の太守たり。郡には田をなんど作ることもなし。珠ばかりを宝として、世を渡る所なり。

前の司、政(まつりごと)横ざまして、人をわづらはし、珠を貪(むさぼ)るゆゑに、人、退き、珠1)、交趾(かうし)に移りにけり。

孟嘗、心、清潔にして、貪る心なきゆゑに、退きにし人、来たり住み。去りにし珠、還りにけり。郡、富み栄えて、昔のごとしと言へり。

  荒れはてし垣(かき)の卯つ木も花咲きて昔にかへる玉川の里2)

翻刻

孟嘗還珠 卯花
後漢孟嘗字ハ伯周ト云リ合浦ノ大守タリ郡ニハ田ヲ
ナムトツクル事モ無シ珠許ヲ宝トシテ世ヲワタル所ナリ
前ノツカサマツリコトヨコサマシテ人ヲワツラハシ珠ヲムサホル
故ニ人シリソキ玉交趾ニウツリニケリ孟嘗心清潔ニシテ
ムサホルココロナキ故ニシリソキニシ人来リスミサリニシ珠返リ
ニケリ郡トミサカエテ昔ノ如シト云リ
  アレハテシカキノウツキモ花サキテ昔ニカヘルタマカハノサト/d1-16r
1)
底本「玉」。
2)
書陵部本(桂宮本)「しばしこそ世を卯の花のしそめども昔にかへる玉川の里」
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka02-02.txt · 最終更新: 2017/10/19 22:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa