ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka01-19

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka01-19 [2017/10/17 22:41]
Satoshi Nakagawa 作成
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka01-19 [2017/10/17 22:41] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 劉寵、会稽の守に移りて赴(おもむ)きけり。 劉寵、会稽の守に移りて赴(おもむ)きけり。
  
-若耶渓のうちを、六の老翁の、歳みな((「みな」は底本「三」。「ミナ」の誤写と見て訂正。))七・八十ばかりなる、あひ((「あひ」は底本「ナヒ」。書陵部本(桂宮本)により訂正))率(ひき)ゐて、劉寵を送りけり。+若耶渓のうちを、六の老翁の、歳みな((「みな」は底本「三」。「ミナ」の誤写と見て訂正。))七・八十ばかりなる、あひ((「あひ」は底本「ナヒ」。書陵部本(桂宮本)により訂正))率(ひき)ゐて、劉寵を送りけり。
  
 おのおの、銭を百づつを持ちたり。劉寵、「これを取らば、人の宝をむさぼるに似たり。これを取らずは、人の志を失ふになりぬべし」と思へり。時に、人ごとに一つの銭を取りてける。 おのおの、銭を百づつを持ちたり。劉寵、「これを取らば、人の宝をむさぼるに似たり。これを取らずは、人の志を失ふになりぬべし」と思へり。時に、人ごとに一つの銭を取りてける。


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka01-19.txt · 最終更新: 2017/10/17 22:41 by Satoshi Nakagawa