ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka01-18

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka01-18 [2017/10/17 18:57] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +蒙求和歌
 +====== 第1第18話(18) 霊運曲笠 藤花 ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +** 霊運曲笠 藤花 **
 +
 +謝霊運、好みて曲柄笠を用ゐけり。孔隠士((底本「孔隠子士」。子は衍字とみて削除。))、謗(そし)りていはく、「なんぢは心に素直ならむことを思へり。曲れるものを捨てざること、なんぢ、身に似ず」と言へり。
 +
 +霊運、答へていはく、「己(おの)が身((底本「ソノカミ」。「ヲ」を「ソ」に誤ったもの。書陵部本(桂宮本)により訂正。))の影を愚かに憎む((「憎む」は底本「ニクス」。書陵部本(桂宮本)により訂正。))人ありき。己が影は怖(お)づべきものにあらず。いたりて愚かなる人と言ひつべし。曲れる笠は、枯木の曲れる影を嫌ひ憎まば、すなはち影を怖ぢしたぐひなり。われは身の影を怖づる心なければ、曲れる柄の笠を捨てず」と言へり。
 +
 +「影を怖づる人」と言へるは、昔、漁父の、孔子に申していはく、「身の影を怖ぢて逃げ走る人あり。足を上げて早く走るに、影も従ひて早し。身を責めて走るに、われはなほ遅く((「遅く」は底本「ヲ□□」でヲ以下虫損。書陵部本(桂宮本)により補う))、追ふものは早き心地して、力を尽して走るに、息絶えて死ぬ。いたりて愚かなる例(ためし)を言へるなり((「なり」は底本「ヤ」。諸本「也」に従う。))。
 +
 +  三笠山松の横枝(よこえ)をとがめきて宿るが藤の花に折らるな
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  霊運曲笠 藤花
 +  謝霊運コノミテ曲柄笠ヲモチヰケリ孔隠子士ソシリ
 +  テ云ク汝ハ心ニスナヲナラム事ヲ思ヘリマカレルモノヲステ
 +  サルコト汝チミニニスト云ヘリ霊運答テ云クソノカミ
 +  ノ影ヲヲロカニニクス人有キヲノカカケハヲツヘキモノニア
 +  ラスイタリテヲロカナル人トイヒツヘシマカレルカサハ枯木ノ
 +  マカレルカケヲキラヒニクマハスナハチカケヲヲチシタクヒナリ
 +  我ハミノ影ヲヲツル心ナケレハ曲レル柄ノ笠ヲステス云トヘリ
 +  影ヲヲツル人ト云ヘルハ昔シ漁父ノ孔子ニ申テ云ク身ノ
 +  影ヲヲチテニケハシル人有足ヲアケテ早クハシルニ影モ
 +  シタカヒテハヤシ身ヲセメテハシルニ我ハ尚ヲ□□ヲフ/d1-14r
 +
 +  物ハハヤキココチシテ力ヲツクシテハシルニイキタヘテ
 +  死ヌイタリテヲロカナルタメシヲ云ルヤ
 +    ミカサヤマ松ノヨコエヲトカメキテヤトルカフチノ花ニヲラルナ/d1-14l
  


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka01-18.txt · 最終更新: 2017/10/17 18:57 by Satoshi Nakagawa