Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第1第17話(17) 済叔不痴 躑躅

校訂本文

済叔不痴 躑躅

晋代太原人也。身長七尺八寸、竜顎大なる鼻あり

晋代に王湛といふ者のあり。字は処沖といへり。賢才、人に勝れたれども、色にあらはすことなかれば、兄弟・家族といへども王湛を愚かなる者と思へり。父昶一人のみ、これを知れりけり。

父死にて後、墓のほとりに庵を結びて、門を閉ぢて、しづかに世を過して、世のまじろひを好まずして、昔を恋ひつつ、涙を流して明かし暮らしけり。

王湛が兄の1)子に、済といふ者あり。昔、王湛がもとに行きて見ければ、床のほとりに周易ありけり。もと思ひ侮(あなづ)りける心にて、「これをば何にかはせむとする」と問へば、王湛、あざ笑ひて、思ふ所あるに似たり。つひに易を論ず。済、つまりにけり。

武帝2)、済を見給ふごとに、あざけりて、「なんぢが家の痴叔は死してかや、未だしや」と問ひ給へば、済、答へ申すかたなし。後になほ問ひ給ふとて、「臣が叔(をぢ)、ことに愚かならず」と申し重ねて、「誰とか等しき」と問ひ給ひけり。済、申していはく、「山濤以下、魏舒以上」と申せり。これより名をあらはれり。

  踏み通ふ山路をだにも岩躑躅(いはつつじ)いはねばこそあれ深き匂ひを

翻刻

済叔不痴 躑躅 晋代太原人也身長七尺八寸竜顎
大ル鼻アリ
晋代王湛ト云者ノ有リ字ハ処沖ト云リ賢才人ニ勝レ
タレトモ色ニアラハス事无レハ兄弟家族ト云ヘトモ王湛
ヲヲロカナル物ト思ヘリ父昶(ヰヤウ)ヒトリノミ此ヲ知レリケリ父死テ
後ハカノホトリニイホリヲムスヒテ門ヲ閉テシツカニ世ヲスコ
シテ世ノマシロヒヲコノマスシテ昔ヲコヒツツ涙ヲ流テアカシ
クラシケリ王湛カ兄ヲ子ニ済ト云者有リ昔王湛カモトニ
ユキテミケレハユカノホトリニ周易アリケリモト思ヒア
ナツリケル心ニテ此ヲハナニニカハセムトスルトトヘハ王湛アサワ
ラヒテ思トコロアルニニタリツイニ論易ヲ済ツマリニケリ
武帝済ヲ見給フコトニアサケリテ汝カ家ノ痴叔ハ
死シテカヤ未タシヤトトヒ給ヘハ済コタヘ申カタ无シ後ニ
猶ヲ問給トテ臣カ叔ヲチコトニヲロカナラスト申カサネテ誰トカ/d1-13l
ヒトシキト問ヒ給ヒケリ済申テ云ク山濤已下魏舒已
上ト申セリ此ヨリ名ヲアラハ□リ
  フミカヨウ山チヲタニモイハツツシイハネハコソアレフカキニホヒヲ/d1-14r
1)
「兄の」は底本「兄ヲ」。文意により訂正。
2)
司馬炎
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka01-17.txt · 最終更新: 2017/10/22 15:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa