ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka01-12

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka01-12 [2017/10/22 15:28]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
text:mogyuwaka:ndl_mogyuwaka01-12 [2017/10/23 22:56] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 14: ライン 14:
 春の日照り水絶えて、東作を忘れ、秋は風荒く蝗(いなご)ふりて、西収怠れり。道を知る人なかりければ、行ふところ乱れて、国治まれる時なし。民疲れ、兵(つはもの)飢ゑて、金一両が値(あたひ)の米、三升になりぬ。 春の日照り水絶えて、東作を忘れ、秋は風荒く蝗(いなご)ふりて、西収怠れり。道を知る人なかりければ、行ふところ乱れて、国治まれる時なし。民疲れ、兵(つはもの)飢ゑて、金一両が値(あたひ)の米、三升になりぬ。
  
-この時、龔勝、深くこもり居ぬ。王莽、龔勝を講学に祭酒になして使はむとすれども、病のよしを答へてしたがはず。後に、大師の印綬をもつて、郡の守、龔勝が里に入りて詔を致す。重く煩へるよしを申して、東頭にして、朝服を着て、使に語りていはく、「われ、漢の厚恩受けて、報むと思ふに、年すでに老ひにたり。豈に一身をもつて二姓に事(つか)へて、故主に下見せんや。朝に来たり、夕に来たりて誘(いざな)ふとも、出づべからず」と言ひて、まさに従はず。+この時、龔勝、深くこもり居ぬ。王莽、龔勝を講学に祭酒になして使はむとすれども、病のよしを答へてしたがはず。後に、大師の印綬をもつて、郡の守、龔勝が里に入りて詔を致す。重く煩へるよしを申して、東頭にして、朝服を着て、使に語りていはく、「われ、漢の厚恩受けて、報むと思ふに、年すでに老ひにたり。豈に一身をもつて二姓に事(つか)へて、故主に下見せんや。朝に来たり、夕に来たりて誘(いざな)ふとも、出づべからず」と言ひて、まさに従はず。
  
 また、仁承君といふ賢人あり。身をたばふ心ありて、王莽に従はずしてこもりぬ。しきりに召し出ださむとすれども、偽り清盲を作りて出でず。親しき踈き、皆まことと思へり。 また、仁承君といふ賢人あり。身をたばふ心ありて、王莽に従はずしてこもりぬ。しきりに召し出ださむとすれども、偽り清盲を作りて出でず。親しき踈き、皆まことと思へり。


text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka01-12.txt · 最終更新: 2017/10/23 22:56 by Satoshi Nakagawa