Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第1第12話(12) 龔勝不屈 喚子鳥

校訂本文

龔勝不屈 喚子鳥

王莽は成帝の舅。王曼の子。初め新都侯1)を封ず。女(むすめ)を以て平帝の后と為し、進みて安漢土を封じ、遂に真に即す。新宅を改号し、建国と改元す。在位十五年、或いは十八年。

漢の龔勝、意賢にして名節をあらはせりき。光禄大夫たりき。

漢の平帝、隠れ給ひて後、宣帝の玄孫孺子嬰、即位の時、王莽、先帝の舅(しうと)として摂政たりし2)ほどに、嬰を捨てて、みづから位に即きてのころ、心ある人、おのおの逃げ隠れて、これに従はじとす。

春の日照り水絶えて、東作を忘れ、秋は風荒く蝗(いなご)ふりて、西収怠れり。道を知る人なかりければ、行ふところ乱れて、国治まれる時なし。民疲れ、兵(つはもの)飢ゑて、金一両が値(あたひ)の米、三升になりぬ。

この時、龔勝、深くこもり居ぬ。王莽、龔勝を講学に祭酒になして使はむとすれども、病のよしを答へてしたがはず。後に、大師の印綬をもつて、郡の守、龔勝が里に入りて詔を致す。重く煩へるよしを申して、東頭にして、朝服を着て、使に語りていはく、「われ、漢の厚恩受けて、報いむと思ふに、年すでに老ひにたり。豈に一身をもつて二姓に事(つか)へて、故主に下見せんや。朝に来たり、夕に来たりて誘(いざな)ふとも、出づべからず」と言ひて、まさに従はず。

また、仁承君といふ賢人あり。身をたばふ心ありて、王莽に従はずしてこもりぬ。しきりに召し出ださむとすれども、偽り清盲を作りて出でず。親しき踈き、皆まことと思へり。

少児の、あやまりて井に落ち入るを見れども、「宿業限りありて、助からざらむものゆゑに、助けむとせば、われ、偽りの明き盲(じひ)あらはれなむず」と思ひて、見ぬ顔にてやみぬ。

妻、いよいよまことと思ひて、承君が目の前にして、間男(まをとこ)に会へり。見れども、つゆばかりも色に出でず。かくてのみ過ぐしけり。

長沙定王発3)の六代の孫光武4)、外には武威あり。内には仁恵ありて。人民 ことごとくに帰しけり。軍(いくさ)を起して、王莽を討ちてけり。隠れこもれりし聖賢の人、芸服5)の輩(ともがら)6)、ここかしこより出ぬ7)

乱れたりし政を改めて、仁徳を行なはれけり。いつしか世治まり、人喜べり。一茎の種を植ゑて九穂の粟をなせり。まことに賢才を賞し、深く讒佞(ざんねい)を退けられけり。

  何とかく思はぬ山に喚子鳥来し方にのみ帰る心を

翻刻

龔勝不屈 喚子鳥/d1-10l
王莽ハ成帝ノ舅王曼之子初封都侯以女スメヲ為平帝后
進テ封安漢土遂即真改号新宅改元建国ト在位
十五年或十八年
漢龔勝意賢ニシテ名節ヲアラハセリキ光禄大夫タリキ
漢ノ平帝カクレ給ヒテ後宣帝ノ玄孫孺子嬰即位
之時王莽先帝ノシウトトシテ摂政程ニ嬰ヲ捨テテ
ミツカラ位ニツキテノコロ意有人各ニケ隠レテ此ニシタカハシ
トス春ノ日テリ水絶テ東作ヲ忘レ秋ハ風アラク蝗フリテ
西収ヲコタレリ道ヲ知ル人无リケレハ行フ所ロ乱テ国ヲサマレル
時キ无シ民ツカレツハモノ飢テ金一両カ直ノ米三升ニ成ヌ
此時龔勝深クコモリヰヌ王莽龔勝ヲ講学ニ祭酒ニ
成テツカハムトスレトモ病ノ由ヲコタヘテシタカハス後ニ大師
印綬ヲ以テ郡ノ守龔勝カサトニ入テ致ス詔ヲヲモク
ワツラヘルヨシヲモウシテ東シ頭ニシテ朝服ヲキテ使ニ/d1-11r
カタリテ云ク我レ漢ノ厚恩ウケテムクヰムト思ニトシ
ステニヲイニタリ豈以一身事ヘテ二姓下見故主哉朝ニ
来リ夕ニ来テイサナフトモイツヘカラスト云テマサニシタカハス
又仁承君ト云賢人有リ身ヲタハフ心アリテ王莽ニシタカ
ハスシテコモリヌ頻ニ召イタサムトスレトモイツハリ清盲ヲ
ツクリテイテスシタシキウトキ皆マコトト思ヘリ少児ノ
アヤマリテ井ニヲチイルヲミレトモ宿業カキリ有テ
タスカラサラムモノユヘニタスケムトセハ我レイツハリノアキ
シヰアラハレナムスト思テミヌカホニテヤミヌ妻弥マコ
トト思テ承君カメノマヘニシテマヲトコニアヘリミレトモ
ツユハカリモ色ニイテスカクテノミスクシケリ長沙定王
発六代ノ孫光武外ニハ武威有リ内ニハ仁恵有テ人民
悉クニ帰シケリイクサヲヲコシテ王莽ヲウチテケリ隠レ
コモレリシ聖賢ノ人芸服ノ□ラココカシコヨリ出□乱レ/d1-11l
タリシ政ヲ改メテ仁徳ヲヲコナハレケリイツシカヨヲサマリ人
ヨロコヘリ一茎ノ種ヲウエテ九穂ノアワヲナセリ実ニ賢才ヲ
賞シ深ク讒侫ヲ退ラレケリ
  ナニトカク思ハヌ山ニヨフコトリキシカタニノミカヘル心ヲ/d1-12r
1)
底本「新」なし。諸本により補う。
2)
底本「たりし」なし。書陵部本(桂宮本)により補う。
3)
劉発
4)
光武帝
5)
諸本「芸能」
6)
「輩」、底本「□ラ」で輩字虫損。書陵部本(桂宮本)により補う。
7)
底本「ぬ」虫損。諸本により補う。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka01-12.txt · 最終更新: 2017/10/23 22:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa