Recent changes RSS feed

蒙求和歌

第1第1話(1) 漢祖龍顔 立春

校訂本文

漢祖龍顔 立春

漢の高祖1)、姓は劉、名は邦、字は季、沛県の豊人なり。母は劉媼。劉媼が夫、大公なり。

劉媼、昔、大沢の堤(つつみ)に休み臥したるところに、雨降り神鳴りけり。夢のうちに神にとつぎけり。大公、行きて見るに、竜、その上にあり。劉媼、これより孕みて、高祖を生みてけり。

高祖、生まれて龍顔あり。髭(ひげ)・鬢(びん)よし。左のももに七十二の黒子(ははくそ)あり。

時に呂公といふ人あり。賢才世に聞こえて、国の老父、酒を持て来集まりて、宴飲して、世の中のことを言ひ合はせけり。高祖、若く賤しくてのころ、来たり臨めり。座中の人、おのおのあさむ中、笑ひて、「この座には、千の銭を持たざる人は来たることなし」と言ひて、筵(むしろ)の末に据ゑてけり。

上客呂公、しばしば高祖を見て、驚きて、座より下りて、高祖の手を取りて、「臣は、若くより、好みて人を相して、相する所違(たが)ふことなし。君は天子の相あり」と言ふ。座上に据ゑて、ねむごろに語らひて、「わが娘にあはせむ」と契りてけり。座中、目を驚かさずといふことなし。呂公が妻、大にうけざりけれども、「見る所あり」と言ひて、つひに娘を高祖にあはせてけり。一男両女を生めり。

呂后、道のほとりに屋舎を建てて、物を売るよしして、高祖を隠し据ゑてけり。舎屋は秦の東南に当れりけり。秦の始皇帝、「東南に天子の気あり」と憤り給へり。呂公、いよいよ恐れけり。その屋舎を去りて芒碭山(ばうたうざん)の巌の中に隠れぬ。妻、尋ね来たれり。驚き問ふに、「紫雲をしるべにて来れり」と言ふ。高祖、あはれと思ひ知りぬ。高祖が居たる所、ことに紫雲たなびきけり。

時に、秦皇、崩じかくれ給ひて、丞相趙高、世を取りて、秦皇の長子扶蘇(ふそ)を失なひて、弟胡亥(こがい)、王として二世皇帝とす。趙高、心に違ふことやありけむ、鹿を馬と言ふに、群臣、皆趙高が言葉にしたがふ。さて、二世帝を討ちつ。

二世の兄に、扶蘇の子、子嬰のいとけなきを王として、国すでに乱れぬ。趙高、子嬰に討たれぬ。子嬰、位にあることわづかに四十六日なり。

楚の懐王2)、このことを聞きて、項羽を大将とし、高祖を次将として、秦の国を討ちにつかはす。項羽と高祖と3)兄弟の契をなして、「まづ入らむ人、宮中を行ふべし」と言ひ定めて、高祖、先(さき)に入るといへども、項羽、後に入りて契をたがへて、万余里を取りて、わがままにせり。高祖、千里を取れり。

懐王を仰ぎて、皇帝とすべきところに、項羽、地を得て懐王に知らせずして、おのれが諸将に分けて与へて、はてには懐王をうち殺しつ。高祖、深き悲しみに憤りて、「天に代りて、項羽を討たん」と思ひなりぬ。わづかに百余人の将をもて、百万の軍に争ひ戦へり。項羽、四面を囲みて、高祖あやうく見え4)けるに、逆風吹きて、四方にはかに暗れぬ。そのまぎれに逃るることを得たり。

歳を重ぬといへども、陳平・張良が謀(はかりごと)を得て、つひに項羽を攻め落して、天下を得たり。皇帝とす。父大公をば太上皇帝とす。それ、天に二つ日なし、地に二つの主なし。大公は父たりといへども人臣なり。高祖は子たり5)といへども、人主なり。人主をして人臣を拝すべきにあらざるゆゑに6)、大公みづから下りて、高祖を拝せしむ。

およそ、政(まつりごと)を行ふこと、仁徳をほどこし給へり。賢者をすすめ、讒をしりぞけ、能を讃め、忠を賞し給へり。かくて、四海平らぎ、万民楽しべり。春は和暖の気ととのほり、秋は清涼の景そなはれり。

すべて、高祖より献帝に至るまで、子孫を重ぬること二十七代四百十八年なり。

  あめのした行く末遠き春の色は沢辺(さはべ)の草にあらはれにけり7)

  めづらしき春の朝日は紫の雲間を出でし光なりけり8)

翻刻

漢祖龍顔 立春
漢高祖姓劉名邦字季沛県ノ豊人也母ハ
劉媼劉媼カ夫大公ナリ劉媼昔大沢ノツツミニヤ
スミフシタルトコロニ雨フリ神ナリケリ夢ノ裏ニ神ニ
トツキケリ大公ユキテミルニ龍其上ニ有劉媼コレヨ
リハラミテ高祖ヲウミテケリ高祖ムマレテ龍顔
アリヒケヒムヨシ左ノモモニ七十二ノ黒子(ハハクソ)アリ
トキニ呂公ト云人アリ賢才ヨニ聞テ国ノ老父酒ヲ
持来集テ宴飲シテ世ノ中ノ事ヲ云合セケリ高祖
ハカクイヤシクテノコロ来リ臨メリ座中ノ人各アサ
ム中ワライテ此座ニハ千ノ銭ヲモタサル人ハ来事ナシ/d1-6l
ト云テムシロノスヱニスヱテケリ上客呂公シハシハ高祖ヲ
ミテ驚テ座ヨリクタリテ高祖ノ手ヲ取テ臣ハワカクヨリ
コノミテ人ヲ相シテ相スル所タカフ事ナシ君ハ天
子ノ相アリト云座上ニスヱテネムコロニカタラヒテ我カ
ムスメニアハセムトチキリテケリ座中目ヲヲトロ
カサスト云事ナシ呂公カ妻大ニウケサリケレトモ
ミルトコロ有ト云テツイニムスメヲ高祖ニアハセテケリ
一男両女ヲウメリ呂后ミチノホトリニ屋舎ヲタテテ物ヲ
ウルヨシシテ高祖ヲカクシスヱテケリ舎屋ハ秦ノ東南ニ
アタレリケリ秦ノ始皇帝東南ニ天子ノ気有トイキ
トホリ給ヘリ呂公弥恐レケリ其ノ屋舎ヲ去テ芒碭(ハウタウ)
山ノ巌ノ中ニ隠レヌ妻尋ネ来レリ驚キ問ニ紫雲ヲシルヘニテ
来レリト云高祖アハレト思ヒ知ヌ高祖カヰタル所コトニ
紫雲タナヒキケリ時ニ秦皇崩カクレ給テ丞相/d1-7r
趙高ヨヲトリテ秦皇ノ長子扶蘇(フソ)ヲウシナヒテ弟
胡亥(カイ)王トシテ二世皇帝トス趙高心ニタカフ事ヤ
アリケム鹿ヲ馬ト云ニ群臣皆趙高カコトハニ随フサテ
二世帝ヲウチツ二世ノ兄ニ扶蘇ノ子子嬰ノイトケ
ナキヲ王トシテ国ニ既ニ乱ヌ趙高子嬰ニウタレヌ子嬰
位ニアル事僅ニ四十六日也楚懐王此事ヲ聞テ項羽ヲ
大将トシ高祖ヲ次将トシテ秦ノ国ヲ打ニ遣ス項羽ト
高祖□兄弟ノ契ヲ成テ先ツ入ラム人宮中ヲヲコナフヘシト
云ヒ定テ高祖サキニ入ト云トモ項羽後ニ入テ契ヲタカヘテ
万余里ヲトリテ我カママニセリ高祖千里ヲトレリ懐
王ヲ仰テ皇帝トスヘキ処ニ項羽地ヲ得テ懐王ニシラセス
シテヲノレカ諸将ニ分テ与テハテニハ懐王ヲ打殺ツ高祖深
悲シミニイキトホリテ天ニカハリテ項羽ヲ打ト思ヒ成ヌ僅ニ
百余人ノ将ヲモテ百万ノ軍ニアラソヒタタカヘリ項羽四/d1-7l
面ヲカコミテ高祖アヤウク□ヱケルニ逆風吹テ四方俄ニク
レヌソノマキレニノカルルコトヲ得タリ歳ヲカサヌト云トモ
陳平張良カハカリコトヲエテ終ニ項羽ヲセメヲトシテ
天下ヲ得タリ皇帝トス父大公ヲハ太上皇帝トスソレ
天ニ無二日地ニ無二ノ主大公ハ雖為父人臣也高祖ハ
子□リト云トモ人主也人主ヲシテ人臣ヲ可拝ニアラサ
ルユヱ□大公ミツカラヲリテ高祖ヲ令ム拝セ凡ソ政トヲヲコ
ナフコト仁徳ヲホトコシ給ヘリ賢者ヲススメ讒ヲシリソケ
能ヲホメ忠ヲ賞シ給ヘリカクテ四海タヒラキ万民
タノシヘリ春ハ和暖ノ気トトノホリ秋ハ清涼ノ景ソ
ナハレリスヘテ高祖ヨリ献帝ニイタルマテ子孫ヲ
カサヌル事廿七代四百十八年也/d1-8r
1)
劉邦
2)
義帝
3)
底本「と」虫損。書陵部本により補う。
4)
底本「見」虫損。書陵部本により補う。
5)
底本「た」虫損。書陵部本により補う。
6)
底本「に」虫損。書陵部本により補う。
7)
底本は和歌を欠く。書陵部本(桂宮本)により補った。
8)
書陵部本(桂宮本)に異本としている。
text/mogyuwaka/ndl_mogyuwaka01-01.txt · 最終更新: 2017/10/29 13:48 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2018 Satoshi Nakagawa