ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon051

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon051 [2018/05/27 18:52]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
text:kohon:kohon051 [2018/05/27 22:38] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 16: ライン 16:
 火灯して過ぐるものどもを見給へば、手三つ付きて、足一つ付きたるものあり。目一つ付きたるものあり。「早く、鬼なりけり」と思ふに、ものも思えずなりぬ。 火灯して過ぐるものどもを見給へば、手三つ付きて、足一つ付きたるものあり。目一つ付きたるものあり。「早く、鬼なりけり」と思ふに、ものも思えずなりぬ。
  
-うつぶしてあるに、この鬼ども、「ここに人気配こそすれ。搦め候はん」と言へば、もの一人、走りかかりて来なり。今は若君、「限りぞ」と思ふに、近くも寄らで走り返りぬ。「など搦めぬぞ」と言ふなれば、「え搦め候はぬなり」と言ふ。「など搦めざるべきぞ。たしかに搦めよ」とて、また異鬼(ことおに)をおこす。同じこと、近くも寄らず、走り返りて往ぬ。「いかにぞ。搦めたりや」「え搦め候はず」と言へば、「いとあやしきこと申す。いで、のれ搦めん」と言ひて、かくをきつる物、走り来て、先々よりは近く来て、むげに手かけつべく来ぬ。「今は限り」と思ひてある間に、また走り返りて往ぬ。+うつぶしてあるに、この鬼ども、「ここに人気配こそすれ。搦め候はん」と言へば、もの一人、走りかかりて来なり。今は若君、「限りぞ」と思ふに、近くも寄らで走り返りぬ。「など搦めぬぞ」と言ふなれば、「え搦め候はぬなり」と言ふ。「など搦めざるべきぞ。たしかに搦めよ」とて、また異鬼(ことおに)をおこす。同じこと、近くも寄らず、走り返りて往ぬ。「いかにぞ。搦めたりや」「え搦め候はず」と言へば、「いとあやしきこと申す。いで、のれ搦めん」と言ひて、かくをきつる物、走り来て、先々よりは近く来て、むげに手かけつべく来ぬ。「今は限り」と思ひてある間に、また走り返りて往ぬ。
  
 「いかにぞ」と問へば、「まことにえ搦め候ふまじきなりけり」と言ふ。「いかなれば」と人だちたるもの言ふなり。「尊勝陀羅尼のおはしますなり」と言ふ声を聞きて、多く灯したる火、一度(ひとたび)にうち消つ。東西に走り散る音して失せぬ。中々その後、頭の毛太りて、恐しきこと限りなし。 「いかにぞ」と問へば、「まことにえ搦め候ふまじきなりけり」と言ふ。「いかなれば」と人だちたるもの言ふなり。「尊勝陀羅尼のおはしますなり」と言ふ声を聞きて、多く灯したる火、一度(ひとたび)にうち消つ。東西に走り散る音して失せぬ。中々その後、頭の毛太りて、恐しきこと限りなし。


text/kohon/kohon051.txt · 最終更新: 2018/05/27 22:38 by Satoshi Nakagawa