ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon049

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

次のリビジョン
前のリビジョン
text:kohon:kohon049 [2014/05/25 22:19]
Satoshi Nakagawa 作成
text:kohon:kohon049 [2014/09/17 00:03]
Satoshi Nakagawa [第49話 清水の利生に依りて、谷底に落ち入る少児、生けしむ事]
ライン 1: ライン 1:
 +古本説話集
 ====== 第49話 清水の利生に依りて、谷底に落ち入る少児、生けしむ事 ====== ====== 第49話 清水の利生に依りて、谷底に落ち入る少児、生けしむ事 ======
  
ライン 7: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-  ​今は昔、忠明(ただあきら)といふ検非違使ありけり。若男にてありけるとき、清水の橋殿にて京童と諍いをしける。+今は昔、忠明(ただあきら)といふ検非違使ありけり。若男にてありけるとき、清水の橋殿にて京童と諍いをしける。
  
 京童、手ごとに刀を抜きて、忠明をたて籠めて殺さんとしければ、忠明も刀を抜きて御堂ざまに出たるに、御堂の東(ひんがし)の妻に、あまた立ちて向かひければ、そちはえ逃げで、蔀(しとみ)のもとを脇に挟みて、前の谷に躍り落つ。蔀に風しぶかれて、谷の底に鳥のゐるやうに、やをら落ちゐければ、それより逃げて往にけり。 京童、手ごとに刀を抜きて、忠明をたて籠めて殺さんとしければ、忠明も刀を抜きて御堂ざまに出たるに、御堂の東(ひんがし)の妻に、あまた立ちて向かひければ、そちはえ逃げで、蔀(しとみ)のもとを脇に挟みて、前の谷に躍り落つ。蔀に風しぶかれて、谷の底に鳥のゐるやうに、やをら落ちゐければ、それより逃げて往にけり。


text/kohon/kohon049.txt · 最終更新: 2014/09/17 00:03 by Satoshi Nakagawa