Recent changes RSS feed

古本説話集

第35話 元良の御子の事

元良御子事

元良の御子の事

校訂本文

今は昔。元良(もとよし)の御子1)とて、いみじうをかしき人おはしけり。通ひ給ふところどころに、

  来や来やと待つ夕暮れと今はとて帰る朝(あした)といづれ勝れり

同じやうに書かせ給ひて、あまた所へ遣はしたりける。

本院の侍従の君のぞ、あるが中に、をかしう思されける。

  夕暮れはたのむ心になぐさめつ帰る朝は消(け)ぬべき物を

また人、

  夕暮れはまつにもかかる白露のおくる朝や消えは果つらむ

この2)左大臣殿3)の御弟(をとと)、六条の左大臣重信4)と申たるも、よき人にておはしけり。また、源大納言5)と申したるも。おほかた敦実(あつみ)の親王の御公達、みなめでたくおはしましけり。広沢の僧正6)も。

翻刻

いまはむかしもとよしの御子とていみしう
をかしき人おはしけりかよひ給ところところに
  くやくやとまつゆふくれといまはとて
  かへるあしたといつれまされり/b105 e53
おなしやうにかかせ給てあまた所へつか
はしたりける本院の侍従の君のそあるかな
かにをかしうおほされける
  ゆふくれはたのむこころになくさめつ
  かへるあしたはけぬへき物を
また人
  ゆふくれはまつにもかかるしらつゆの
  をくるあしたやきえははつらむ
この左大臣殿ゝ御をとと六条の左大臣しけのふ
と申たるもよき人にておはしけり又源大納言と申たるもおほかたあつみのしむわうの御/b106 e54
きむたちみなめてたくおはしましけりひろ
さはの僧正も/b107 e54
1)
陽成天皇第一皇子元良親王
2)
以下、元良親王とは無関係の記述。
3)
源雅信
4)
源重信
5)
源時中
6)
寛朝
text/kohon/kohon035.txt · 最終更新: 2016/01/22 15:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa