Recent changes RSS feed

古本説話集

第34話 或女房、鏡を売る事

或女房売鏡事

或女房、鏡を売る事

校訂本文

今は昔、世のいたく悪かりける年、五月長雨のころ、鏡の箱を、女もて歩きて売りけるを、三河の入道1)のもとに持て来たりければ、沃懸地(いかけぢ)に蒔きたる箱なり。内に薄様を引き破りて、をかしげなる手にて書きたり。

  今日までと見るに涙のます鏡馴れにし影を人に語るな

とあるを見て、道心おこりけるころなりければ、いみじくあはれにおぼえて、うち泣きて、物十石、車に入れて、鏡は返し取らせてやりてけり。

雑色男(ざうしきおとこ)、帰りて、「五条町の辺に、あばれたりける所に、やがて下しつ」となむ語りける。誰といふとも知らず。

翻刻

いまはむかしよのいたくわろかりけるとし
五月なかあめのころかかみのはこを女もてあり
きてうりけるをみかはの入道のもとにもて
きたりけれはいかけちにまきたるはこ也
うちにうすやうをひきやりてをかしけ
なるてにてかきたり
  けふまてとみるになみたのますかかみ
  なれにしかけを人にかたるな
とあるをみて道心をこりけるころなりけれは/b104 e53
いみしくあはれにおほえてうちなきて物
十こくくるまにいれてかかみは返しとら
せてやりてけりさうしきおとこかへりて五条
まちのへむにあはれたりけるところにやかて
をろしつとなむかたりけるたれといふとも
しらす/b105 e53
1)
大江定基
text/kohon/kohon034.txt · 最終更新: 2016/01/22 14:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa