Recent changes RSS feed

古本説話集

第25話 藤六の事

藤六事

藤六の事

校訂本文

今は昔、藤六1)といふ歌詠み、下衆(げす)の家に入りて、人もなかりける折を見つけて入りにけり。

鍋に煮ける物を、すくひ食ひけるほどに、家主(いゑあるじ)の女、水を汲みて大路の方より来てみれば、かくすくひ食へば、「いかに、かく人も無き所に入りて、かくはする物をば参るぞ。あなうたてや。藤六にこそいましけれ。さらば歌詠み給へ」と言ひければ、

  昔より阿弥陀仏(あみだほとけ)のちかひにて煮ゆるものをばすくふとぞ知る

とこそ、詠みたりけれ。

翻刻

いまはむかしとうろくといふ哥よみけす
の家にいりてひともなかりけるをりをみ
つけていりにけりなへににける物をすくひ/b72 e37
くひけるほとにいゑあるしの女みつをくみて
おほちのかたよりきてみれはかくすくひくへは
いかにかくひともなき所にいりてかくはする物をは
まいるそあなうたてやとうろくにこそいま
しけれさらは哥よみ給へといひけれは
  むかしよりあみたほとけのちかひにて
  にゆるものをはすくふとそしる
とこそよみたりけれ/b73 e37
1)
藤原輔相
text/kohon/kohon025.txt · 最終更新: 2016/01/21 12:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa