Recent changes RSS feed

古本説話集

第24話 蝉丸の事

蝉丸事

蝉丸の事

校訂本文

今は昔、逢坂の関に、行き来の人に、物を乞ひて世を過ぐす者ありけり。よろしき者にてありけるにや、さすがに琴なども弾き、人にあはれがらるる者にてなむありける。

あやしの草の庵を作りて、藁といふ物かけて、しつらひたりけるを、人の見て、「あはれの住処のさまや。藁してしつらひたる」など、笑ひけるを聞きて詠める。

  世の中はとてもかくてもありぬべし宮も藁屋もはてしなければ

蝉丸(せびまろ)となんいひける。

翻刻

いまはむかしあふさかのせきにゆききの
人に物をこひてよをすくす物ありけり
よろしき物にてありけるにやさすかにこと
なともひき人にあはれからるる物にてなむあり/b71 e36
けるあやしの草のいほりをつくりてわらと
いふ物かけてしつらひたりけるをひとのみて
あはれのすみかのさまやわらしてしつらひたる
なとわらひけるをききてよめる
  世中はとてもかくてもありぬへし
  みやもわらやもはてしなけれは
せひまろとなんいひける/b72 e37
text/kohon/kohon024.txt · 最終更新: 2016/01/21 12:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa