ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon021

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon021 [2014/09/15 21:46]
Satoshi Nakagawa [第21話 伯の母、仏事の事]
text:kohon:kohon021 [2016/01/21 12:10] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-今は昔、伯の母、仏供養しけり。永縁僧正を請じて、さまざま物どもを奉る中に、紫の薄様に包みたる物あり。開けて見れば+今は昔、伯の母((神祇伯康資王の母))、仏供養しけり。永縁僧正を請じて、さまざま物どもを奉る中に、紫の薄様に包みたる物あり。開けて見れば
  
   朽ちにける長柄の橋の橋柱法(のり)のためにも渡しつる哉   朽ちにける長柄の橋の橋柱法(のり)のためにも渡しつる哉
ライン 14: ライン 14:
 長柄の橋の切れなりけり。 長柄の橋の切れなりけり。
  
-またの日、つとめて、若狭の阿闍梨隆源といふ人、歌詠みなり。来たり。「あはれ、この聞きたるよ」と、僧正おぼすに、懐(ふところ)より名簿(みやうぶ)を引き出でて奉る。「この橋の切れ給はらむ」と申す。「かばかりの貴重(きてう)の物はいかでか」とて、「何しか取らせ給はん。口惜しく」とて、帰りにけり。+またの日、またつとめて、若狭の阿闍梨隆源といふ人、歌詠みなり。来たり。「あはれ、このこと聞きたるよ」と、僧正すに、懐(ふところ)より名簿(みやうぶ)を引き出でて奉る。「この橋の切れ給はらむ」と申す。「かばかりの貴重(きてう)の物はいかでか」とて、「何しか取らせ給はん。口惜しく」とて、帰りにけり。
  
 すきずきしく、あはれなることどもなり。 すきずきしく、あはれなることどもなり。


text/kohon/kohon021.txt · 最終更新: 2016/01/21 12:10 by Satoshi Nakagawa