ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon019

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon019 [2014/09/15 21:44]
Satoshi Nakagawa [第19話 平中の事]
text:kohon:kohon019 [2016/01/21 11:49] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-今は昔、平中といふ色好みの、いみじく思ふ女の、若く美しかりけるを、妻(め)のもとに率(い)て来て置きたり。妻にくげなるどもを言ひつづくるに、追ひ出だしけり。この妻に従ひて、「いみじうらうたし」とは思ひながら、え留めず。いちはやく言ひければ、近くだにもえ寄らで、四尺の屏風に押しかかりて立てり。+今は昔、平中((平貞文))といふ色好みの、いみじく思ふ女の、若く美しかりけるを、妻(め)のもとに率(い)て来て置きたり。妻にくげなることどもを言ひつづくるに、追ひ出だしけり。この妻に従ひて、「いみじうらうたし」とは思ひながら、え留めず。いちはやく言ひければ、近くだにもえ寄らで、四尺の屏風に押しかかりて立てり。
  
-「世の中の思ひのほかにてある。いかにしてものし給ふとも、忘れて消息もし給へ。をのれもさなむ思ふに」など、言ひけり。この女は包みなどに物入れしたためて車とりにやりて、待つほどなり。「いとあはれ」と思けり。+「世の中の思ひのほかにてあること。いかにしてものし給ふとも、忘れて消息もし給へ。をのれもさなむ思ふに」など、言ひけり。この女は包みなどに物入れしたためて車とりにやりて、待つほどなり。「いとあはれ」と思けり。
  
 さて、出でにけり。とばかりありて、おこせたる、 さて、出でにけり。とばかりありて、おこせたる、
  
-  忘らるな忘れやしぬる春霞今朝立ちながら契りつる+  忘らるな忘れやしぬる春霞今朝立ちながら契りつること
  
-この平中、さしも心に入らぬ女のもとにても、泣かれぬねを、そら泣きをし涙に濡らさむ料に硯瓶に水をいれて、緒をつけて、肘に懸けし歩きつ顔・袖を濡らしけり。+この平中、さしも心に入らぬ女のもとにても、泣かれぬねを、そら泣きをし涙に濡らさむ料に硯瓶に水をいれて、緒をつけて、肘に懸けて、し歩きつ顔・袖を濡らしけり。
  
 出居の方を、妻覗きて見れば、間木に物をさし置きけるを、出でて後取り下して見れば、硯瓶なり。また、畳紙に丁子入りたり。瓶の水をいうてて、墨を濃く磨りて入れつ。鼠の物を取り集めて丁子に入れ替えつ。さて、もとの様に置きつ。 出居の方を、妻覗きて見れば、間木に物をさし置きけるを、出でて後取り下して見れば、硯瓶なり。また、畳紙に丁子入りたり。瓶の水をいうてて、墨を濃く磨りて入れつ。鼠の物を取り集めて丁子に入れ替えつ。さて、もとの様に置きつ。
ライン 23: ライン 23:
  
 夜明けて見れば、袖に墨ゆゆしげに付きたり。鏡を見れば、顔も真黒に目のみきら((底本「 夜明けて見れば、袖に墨ゆゆしげに付きたり。鏡を見れば、顔も真黒に目のみきら((底本「
-ろ」の横に「ら」を傍書))めきて、我ながらいと恐しげなり。硯瓶を見れば、墨を磨りて入れたり。畳紙に鼠の物入りたり。いといとあさましく、心憂くて、その後そら泣きの涙、丁子くぐむ、とどめてけるとぞ。+ろ」の横に「ら」を傍書))めきて、我ながらいと恐しげなり。硯瓶を見れば、墨を磨りて入れたり。畳紙に鼠の物入りたり。いといとあさましく、心憂くて、その後そら泣きの涙、丁子くぐむこと、とどめてけるとぞ。
  
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====


text/kohon/kohon019.txt · 最終更新: 2016/01/21 11:49 by Satoshi Nakagawa