ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon014

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon014 [2014/09/15 21:42]
Satoshi Nakagawa [第14話 清少納言、清水の和歌の事]
text:kohon:kohon014 [2016/01/21 11:42] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 13: ライン 13:
   山ふかき入りあひの鐘の声ごとに今日ぞ日ごろの数は知るらん   山ふかき入りあひの鐘の声ごとに今日ぞ日ごろの数は知るらん
  
-また九月九日、月少し山ぎは近くなるほどに、つねまさの少将、高やかに呼びたてて、「これ右大臣殿の御文」とて、さし入れたる、香染の紙にて、+また九月九日、月少し山ぎは近くなるほどに、つねまさの少将((経房の少将(源経房)の誤りと考えられている。))、高やかに呼びたてて、「これ右大臣殿((藤原道兼))の御文」とて、さし入れたる、香染の紙にて、
  
   みな人の心移ろふ長月のきくに我さへ過ぎぬべきかな   みな人の心移ろふ長月のきくに我さへ過ぎぬべきかな


text/kohon/kohon014.txt · 最終更新: 2016/01/21 11:42 by Satoshi Nakagawa